たった数時間の庭仕事が教えてくれたこと。「移民はアメリカの大黒柱だ」

北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな投稿をしました。

「昨日、庭で6時間ほど仕事をしたんだ。いたるところを綺麗に掃除して、水道管も直した。伸びっぱなしの木も切って整えたし、イチゴも植えた。そして、20kgくらいある肥料をまいたんだ。

終わった途端、疲れがどっときて、もう動きたくなくなった。腰は痛いし、ヒザも悲鳴をあげていた。59歳の体は限界だったよ。

『よくやった。今から休めるし、日曜日の午後まで予定はない。ゆっくり体を労ろう』と思ったけれど、ふと考えたことがあるんだ」

もしも僕が移民で
農場で働いていたとしたら?

「もしも僕がアメリカに来た移民で、農場で働いていたとしたら?彼らは10倍以上は働いているはずだ。そして、明日も、明後日も、明々後日も同じことを繰り返す。

正直、どうやってモチベーションをキープしているのか分からない。背骨は折れているんじゃないかというくらい痛いだろうし。そこまでしても、稼げる仕事ではない。僕も含めて多くの人が、大変さを理解できていないと思うんだ。

だから、僕はここで感謝の気持ちを表したい。スーパーマーケットに並んでいる美しい野菜やフルーツは彼らのおかげだ。

ありがとう。とても手間がかかるし、辛いことだと分かったよ。

もし、これを読んでいる人が野菜を植えるなら、彼らのことを一度でいいから頭に思い浮かべ、考えてみてほしい。

僕はこう思う。彼らはアメリカを支える大黒柱。なくてはならない存在なんだ」

アメリカの農場で活躍する
多くの移民たち

ここまで紹介しましたが、彼の意見に偏りがあるわけではなさそうです。

Farmworker Justice」のレポートによると、アメリカの農作物を作っている人たちの約76%が自分をラテン系またはヒスパニック系と定義するようです。平均年収は約190万円だそう(国籍やビザを持っていない人も働いているので、実際には数字が少し変わる可能性もあり)。

普段から、農場が多い北カリフォルニアを拠点とするFrankだからこそ、ふとしたことで移民の貢献度の高さに気づけたのかもしれません。17万を超えるイイね!は、さすがキャスター、扱う言葉に力があるのでしょう。

Licensed material used with permission by Frank Somerville
ニューヨーク・マンハッタンのすぐ側に位置しているエリス島には、20世紀半ばまで「移民局」がありました。より良い暮らしを求めヨーロッパから多くの人がやってき...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
山のような家具を積んだ荷車を引く人々。現実の風景ではなく、フランスのフォトグラファーAlain Delormeさんによるシリーズ作品です。伝えたかったのは...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
Al(エル)とMineca(ミネカ)は、カルフォルニアの北部に住んでいる老夫婦。エルはもうすぐ80歳で、北部に移る前は都市部で働くサラリーマンだった。ミネ...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...