アインシュタインの言葉は、仕事と向き合う大切さも教えてくれる。

アインシュタインは物理学者としてだけではなく、哲学者としてもその才能を十分に発揮していて、彼が残した数々の言葉は、今なお語り継がれています。

ここでは「I Heart Intelligence」に掲載された彼の名言を紹介したいと思います。

とくに、生き方や働き方にも影響しそうな「仕事論」は、つねに頭の中に入れておきたいものばかり。

01.

本当のことを知りたければ、経験を積まないといけない。それは試練だが、その先には真実がある。

頭を抱える女性

02.

もし人生の成功をAとするならば、Aは、XとYとZを足した結果だ。Xは仕事、Yは遊び、Zは黙って考えることである

03.

大学教育の価値とは、事実を学ぶことではない。自分の頭で考えられるよう知性を鍛えることだ。

04.

他人のために頑張る人生にこそ、価値があるというもの。

人に説明する女性

05.

宗教が存在しない科学は不完全だ。一方で、科学のない宗教は盲目である。お互いに協力して「真実」を探求すべきなのだ。

06.

科学の力は、仕事を楽にして生活を豊かにしてくれる。にもかかわらず、私たちは幸せになっていない…。それは、私たちが科学の使い方を知らないからだ。

07.

学ぶこと。そして真実と美を追求すること。このことに関しては、ずっと子どものままでいていいのだ。

窓際にいる女性

08.

世界には悪いことをする人だけでなく、それを黙認する人たちがいる。だから良くなっていかないのだ。

09.

私は孤独が好きだ。若いときは苦痛に感じるかもしれないが、歳をとるとそれが心地よくなる。

オフィスにいる女性

10.

官僚政治は、あらゆる努力と業績を台無しにしてしまう。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
Top Photo by Wikimedia

▼コチラもチェック▼