今アメリカでもっとも話題のアートが......「コレ」だ!

マイアミビーチの現代美術展「Art Basel」に出展された“壁にバナナを貼り付けた作品”も……だが、今アメリカではこっちの方が話題になっている。クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーションだ。

題材となっているのは「キリストの降誕」。見て分かる通り、マリアとヨセフ、キリストがそれぞれケージに入れられている。

アメリカとメキシコ間の国境付近で警備隊に捕まった移民・難民は、親と子どもが別々の収容所に入れられ、お互いに連絡が取れないことも……。また、不法に入国した親だけが国外退去となり、アメリカで生まれた子どもと離ればなれになってしまう場合もある。

今アメリカで一番話題になっているのは、そんな状況を社会に訴えかけるインスタレーションなのだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
8月にアメリカで販売が開始された「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」の「Natural Light Seltzer」が話題になっている。商品名の一部にもあ...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。