「1年で消えるタトゥー」が話題【アメリカ】

身体に彫り込んだタトゥーは、生涯、消えることはない。

つまり、タトゥーは一生モノだ。

いや、正しくは一生モノ“だった”、これまでは──。

©Kat Slootsky + Ephemeral

アメリカ・ニューヨーク、ブルックリンを拠点とするタトゥースタジオ「Ephemeral」は、世界初、1年ほどで自然消滅するタトゥーインク「Ephermeral ink」を開発した。

化学博士医師と共同で6年もの歳月をかけて誕生したこのインクは、開発元いわく、医療グレードの安全性を誇り、9ヵ月〜15ヵ月ほどで生体適合して色素を失うのだとか。

ヘナアートやボディペイントとは異なる、プロのタトゥーアーティストがタトゥーマシンを使用して実際に肌に彫るこのタトゥーのテーマは「a tattoo without regrets(後悔のないタトゥー)」

©Sara Rocco + Ephemeral

カウンセリングからはじまり、タトゥーのデザインに関するセッション施術、そしてアフターケアまで、完成までの大まかな流れは、一生消えることのないタトゥーと同様だ。

違いは、消えるか、否か

アートでありファッションでありカルチャーであるタトゥーを後悔なく味わいたいなら、ひとつの選択肢として検討してみる価値はあるのかも。

詳しく知りたいならコチラをどうぞ。

©Kat Slootsky + Ephemeral
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事