ある女性が、亡きパートナーの「肌」を保存したいワケ

そんな方法があるのか!と思っちゃいました。

カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病におかされてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり、彼は自分の肌の保存を生前から願っていたそう。自分の創り出したアートを遺したいということなのでしょうね。

そして、Cherylさんは彼の願いを叶えることに。そのプロセスで葬式が遅れることになったという旨も自身のInstagramに投稿しています。気になるのはその後なのですが、今のところ、アップデートはないようです。

でも、ふたりの間にあった固い絆を感じられますね。

Top image: © iStock.com/Portra
他の記事を見る
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
一筆書きをタトゥーにトレースする、Mo Ganji。動物や人の顔など様々なものを対象にした画を彫り、これまで数々のメディアに取り上げられるなど、知名度を上...
MambotattooerさんのInstagramに載っている作品は、ポップなものばかり。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。