ある女性が、亡きパートナーの「肌」を保存したいワケ

そんな方法があるのか!と思っちゃいました。

カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病におかされてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり、彼は自分の肌の保存を生前から願っていたそう。自分の創り出したアートを遺したいということなのでしょうね。

そして、Cherylさんは彼の願いを叶えることに。そのプロセスで葬式が遅れることになったという旨も自身のInstagramに投稿しています。気になるのはその後なのですが、今のところ、アップデートはないようです。

でも、ふたりの間にあった固い絆を感じられますね。

Top image: © iStock.com/Portra
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...