「どんな肌も美しい」と訴え続ける勇気に心が揺さぶられる

ごく普通の生活を送っていたAsh Soto(21)さんの細い首筋に、異変が現れたのは12歳の時。明らかに自分の肌の色よりも薄い斑点がそこにありました。

心配した母に皮膚科まで連れていかれたところ、色素が抜けてしまう「尋常性白斑」と診断されたAshさん。症状が全身に広がっていくにつれて、変わりゆく自分の姿に自信をなくし、ひとり屋内にこもる日々。いつの頃からか長袖長ズボンが彼女のクローゼットを埋めるように。

それが、あることをきっかけに、彼女は水着姿を人に見せられるまでになりました。

メイクアップをしても
自分の肌は変えられない

ファンデーションやコンシーラーを使って、シミを隠していた時もあった。いっそビーチで日焼けすれば…オイルを使ってもまったく効果はなかったそう。このとき、この肌と付き合っていくほかない、と悟ったAshさん。

これまで、Instagramに肌を隠しながらセルフィーを投稿していた彼女でしたが、悩み抜いた結果、ありのままの姿をさらけ出す決意を。

プールに行った時に、ある人から皮膚のことをバカにされ、涙を流した日もあったそう。それでも勇気をもって、化粧をしていない自分の姿を公開できた理由を聞いてみました。

「ネガティブなコメントがあちこちから来るだろうと、最後まで家族は心配してくれました。でも、私には徹底的に向き合う覚悟があったから」

彼女の強い意志に、予想を超える数の温かいコメントが寄せられたそうです。自信を取り戻したAshさん、次第にある考えも生まれてきました。

自分と同じ境遇の人に
希望をあげたい

芸術一家に育った彼女は、不完全なモノから美を見つけ出す、という考えに日頃から触れていました。ある日、なんとなく遊びで肌に色をつけていた時、夢中になって全身ペイントをしてしまったんだとか。

そこで、鏡を見たときに自分でもその出来栄えにビックリ。この症状に苦しんでいる他の人だって美しくなれる、と確信を抱いたときでした。

もちろん怖くないと言ったらウソ。でもそれ以上に、自分が勇気づけられたように、同じ境遇に苦しむ女の子や男の子に、希望を与えたいってキモチが出てきたんです。

いま?もちろん自分の肌に誇りを持っています

Licensed material used with permission by Ash Soto
肉割れ線、大きなお腹、重たい下半身など、女性たちには多くの悩みがあります。そこで、男性でありながら女性たちのコンプレックスを描いて共有する、「PROJEC...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
何らかのコンプレックスを抱えていて自分に自信が持てない女性たちを勇気づけたい、そんな思いから、イギリスのファッションブランドがカラダに様々な特徴を持つ女性...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...