人と違うのは「個性」と教えてくれた母のために、多様性を撮り続ける男性

異なる人種の人たちを写真に撮り、それぞれの美しさを伝えられる本を出版したい、というChesterfield Hectorさん。正直に言ってしまえば、多様性を表現するために写真を撮ったり、作品をつくるアーティストは数多くいます。

それでも彼に注目したいのは、「何を撮るのか」ではなく「なぜ撮るのか」が多くの人の心を動かすから。彼の場合、その原動力は母親の死

亡くなった母の「誇り」でありたい

フォトグラファーとしての始まりは、彼の生い立ちに関係しています。家族のみんなが違う肌の色をしていたことから、彼は人と違うことを個性として受け入れることができていたようです。また、その肌に「美」を見出していたのも事実。

それぞれの人が持つ、固有の美しさを伝えようという考えを行動に移したのは2012年のこと。しかし、「想像以上の苦労に耐えきれなくて中途半端になってしまった」、と振り返るChesterfieldさん。

そんな心の葛藤にピリオドをうつ出来事が。最愛の母の死でした。

Chesterfieldさんの母が亡くなったのは2016年8月。予想もしていなかった突然の死に、自暴自棄になったそうです。明けても暮れても頭に思い浮かぶのは、母のことばかり。

悲しみにくれる日々を過ごしていくうちに、彼の心の中に「お母さんなら夢を追うことを応援してくれる」という想いが。

人生は短い。
今やりたいことが将来できるとは限らない。
時間を無駄にしている暇はない。

Chesterfieldさんは、持てる限りの力をプロジェクトに注ぎ込むことを決意しました。全ては天国にいる母に自分のことを誇りに思ってもらうために──。

母親の死から約1年。Chesterfieldさんは、すでに34ヶ国の“肌色”を撮影しているそうです。

Licensed material used with permission by Chesterfield Hector
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
多くの人の心を鷲掴みにしているリアーナの「Fenty」が、人気に拍車をかけるような写真を公開しました。
世界中で愛され続ける「Barbie(バービー)」に、「白斑」のバービーやロングヘアのケンが登場。多様性や個性を反映させたスタイルが美しい!
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
屋根裏部屋で娘が見つけたのは、当時の政府に反対した写真家の母がのこした記録。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...