時代を映す鏡。美の多様性や個性がはじける「バービー」の進化が止まらない

1959年の誕生以降、常にトレンドを反映したファッションや、ジェンダーにとらわれることのない職業に挑戦してきた「Barbie(バービー)」が、また革命を起こしている。

去る1月にお目見えとなったのは、美の多様性や個性を反映させた「白斑」のバービーと髪の長いケン。

白斑とは、肌の色素が抜け、白くまだらになる疾患のこと。目のまわりや腕、肩の一部が白くなったバービーは、肌を隠すことなく、色鮮やかなストライプのワンピースを着こなしている。笑顔で腰に手を当て、自信に満ち溢れた姿がかっこいい

一方、バービーのボーイフレンドのケンだが、これまでの髪型は、いずれも短髪でプラスチック製だった。今回登場したモデルは、バービーのような人工毛のロングヘア。長い金髪をなびかせ、タイダイのタンクトップを着たヒップなスタイルだ。

この2体が登場した「Fashionistas Line」は、5年間で多様性に富んだ170ルックを展開。ほかにも、義足や髪のないバービーなど、従来のファッションドールの概念を覆すスタイルが揃う。それぞれ9.99ドル(約1100円)と、手を伸ばしやすい価格も嬉しい。

世界中の少女たちの憧れでありながら、ずっと心に寄り添ってきたバービー。インディペンデントな魅力に溢れる彼女は、いつの時代も自分らしさを愛すお手本になってくれる。

Top image: © Mattel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「バービーは私の分身」と語るいくら姫さん、実はかなりの旅行マニア。彼女が旅する時は、常にバービーも一緒です。同じ服を着て、同じ物を食べ、同じ体験をする。ア...
先月「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」とコラボしたバービー人形「フォトジャーナリスト版」が発売された。大人も集めたく...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
仮面をつけ、網タイツを履き、鞭を振って、様々なSM道具でプレイに没頭するー。あのバービー嬢が、禁断の世界へ足を踏み込んでしまった。あられもない姿を眺めてい...
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
バービーをテーマにしたイベント「Barbie with Tokyu Plaza Omotesando Harajuku」が、9月27日まで、「東急プラザ表...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催を記念して、バービーの「Olympic Games Tokyo 2020コレクション」が発表。「野球/ソ...
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
映画『スター・ウォーズ』シリーズとバービーの豪華コラボレーションドールの第2弾が来週6月27日から限定発売。今回のキャラは「レイ」「C-3PO」「ストーム...
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
味とは無関係の理由で、価値が付かずに廃棄されてしまう未利用魚を活用したミールキット「Fishlle!」が登場! 徹底した品質へのこだわりと、環境への配慮が...
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
今春、米カリフォルニア州の美術大学で、モナリザを模した絵画が展示されました。その数25点。それぞれ異なる目をしたものでした。目的は、アジア人の多様性を訴え...
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
多くの人の心を鷲掴みにしているリアーナの「Fenty」が、人気に拍車をかけるような写真を公開しました。
アメリカ大手百貨店「Target」の水着キャンペーンの広告に、希な皮膚病をもつモデルが登場。さまざまな体型や人種のモデルが放つ等身大の魅力が眩しい