少しだけ「未来」について考えてみませんか?

10年、30年、50年後の未来はどうなっているのだろう。こんなことを空想すると、同時に「今の私たちは昔の人が想像した未来になっているのかな?」という思いが頭を過る。

答えはきっと、YESとNOの両方。

1985年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で描かれていた、空飛ぶ自動車は実現していないけれど、「私には夢がある」とキング牧師が訴えていた時代に比べると、人種差別や同性愛に対して少しは開けた世界になっているのではないだろうか。

Wildfang」が制作した動画は、性別で人を分けることなく、すべての人が尊重される未来はどのような世界かを訴えている。今、未来、自分、周りの人のことを、より考えさせられるようになる内容だ。

未来は変化していく

未来では、異性愛者が普通という認識はなくなる。性器によって性別を決めることもなくなるだろう。

未来では、トランスジェンダーの子どもたちが自分自身をしっかりと理解し、両親も彼らを信じている。

未来では、半分以上の人が、誰かしらノンバイナリージェンダーの人を知っている。未来はすべての人が受け入れられる場所だ。

未来では、誰かに了承を得る必要などない。有色人種の人や車椅子を乗る人を分ける場所もない。

未来では、人との関係も今とは違って見えるだろう。家族のカタチもそう。

何もかもが違い過ぎて、「違う」という指摘が出るような世界ではなくなるだろう。

「不完全な人ね」と、誰からも言われなくなる。なぜなら、あなたはそのままで良いのだから。あなたこそが未来だから。

Licensed material used with permission by Wildfang, Director & Writer: Stuart Getty, Director of Photography & Sound: Kai Tillman, Grip: Liz Haan
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたドイツのベストセラー絵本『100年の旅』の邦訳版が、先週2月19日から全国の書店、オンライン書店(一部除く)...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
「FREITAG」の創業者マーカス・フライターグにインタビュー。彼が思い描く「2050年の未来」とは?
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
動画サイト「Kurzgesagt」が紹介する、アンチエイジング方法は一般的なものとは少し異なったもの。ある物質を体内に投与することで、皮膚ガンやアルツハイ...
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。