少しだけ「未来」について考えてみませんか?

10年、30年、50年後の未来はどうなっているのだろう。こんなことを空想すると、同時に「今の私たちは昔の人が想像した未来になっているのかな?」という思いが頭を過る。

答えはきっと、YESとNOの両方。

1985年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で描かれていた、空飛ぶ自動車は実現していないけれど、「私には夢がある」とキング牧師が訴えていた時代に比べると、人種差別や同性愛に対して少しは開けた世界になっているのではないだろうか。

Wildfang」が制作した動画は、性別で人を分けることなく、すべての人が尊重される未来はどのような世界かを訴えている。今、未来、自分、周りの人のことを、より考えさせられるようになる内容だ。

未来は変化していく

Cdb8a96858e95bba38ba4e050e7cb71adb7b992a

未来では、異性愛者が普通という認識はなくなる。性器によって性別を決めることもなくなるだろう。

B85344af564ef839f5ccc3e487020a57822d8600

未来では、トランスジェンダーの子どもたちが自分自身をしっかりと理解し、両親も彼らを信じている。

未来では、半分以上の人が、誰かしらノンバイナリージェンダーの人を知っている。未来はすべての人が受け入れられる場所だ。

Ec3dda07ee04ec2c47cb65dac3890f2cf14e9f93

未来では、誰かに了承を得る必要などない。有色人種の人や車椅子を乗る人を分ける場所もない。

C1d6fdc1bbedf1628976fc53150f2732e798399c

未来では、人との関係も今とは違って見えるだろう。家族のカタチもそう。

59827720c3a5891192584bd960a1004441f1ec28

何もかもが違い過ぎて、「違う」という指摘が出るような世界ではなくなるだろう。

「不完全な人ね」と、誰からも言われなくなる。なぜなら、あなたはそのままで良いのだから。あなたこそが未来だから。

Licensed material used with permission by Wildfang, Director & Writer: Stuart Getty, Director of Photography & Sound: Kai Tillman, Grip: Liz Haan
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
動画サイト「Kurzgesagt」が紹介する、アンチエイジング方法は一般的なものとは少し異なったもの。ある物質を体内に投与することで、皮膚ガンやアルツハイ...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。