未来のクルマは、縦にも移動する!?

「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、オートモビリティー「oiio」です。

イメージ動画は、まさにSFの世界。自動車と呼ぶのも少しためらってしまう奇抜なデザインです。

あくまでも構想ですが、もし実現したら…と想像力を掻き立てられる内容をお届け。

3つのパーツに分かれた
透明な「自動車」

彼らが提案したのは、そもそも現在の自動車を「人が入るための透明なキャビン」「動力となる車輪付きモーター」、そして「垂直移動用モーター」の3分割にしてみてはどうか?ということ。

同じルートを上下左右に行き来し続けるモーターに、キャビンが取り付けられることで移動を可能にする仕組みのようです。エンジンをシェアする感覚に近いかもしれません。

すみません。先ほど、さらっと「垂直移動用」と書いてしまいました。そう、従来の横方向に加えて縦方向の移動をも可能にするのが、本構想の大きな特徴なのです。

もし実現した場合、街の道路はこのように変化するのではないかというイメージもあわせて発表されています。

少しわかりづらいですが、多くの白い粒のようなものが「oiio」。壁面道路を上ったり下りたりして移動します。

ロサンゼルスなどはアメリカ国内でも渋滞の多い街と言われていますが、このシステムが導入されれば解決へと向かう可能性も?

近年はさまざまな未来の車が提案されますが、中でも一際異彩を放つ「oiio」。それを「未来」と呼べるのは今だけで、近い将来に私たちの生活に浸透していることも否定はできません。

最後に、上で説明した仕組みがいまいちイメージしづらい、という人も多いと思うので動画をどうぞ。こんなこと言うと元も子もないのですが、こちらのほうが圧倒的にわかりやすいはず(苦笑)。

Licensed material used with permission byoiio studio
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
少し前からよく耳にするようになった言葉「ダイバーシティ」。この記事では、ダイバーシティの意味や今日本でダイバーシティが必要とされている理由をご紹介。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
「Galaxy」初の縦折り型スマートフォンがラグジュアリーブランド「Thom Browne」とコラボした「Galaxy Z Flip Thom Brown...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
持ち歩けるクルマ「WALKCAR」の日本国内の先行販売が、6月9日にスタート。
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。