未来のクルマは、縦にも移動する!?

「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、オートモビリティー「oiio」です。

イメージ動画は、まさにSFの世界。自動車と呼ぶのも少しためらってしまう奇抜なデザインです。

あくまでも構想ですが、もし実現したら…と想像力を掻き立てられる内容をお届け。

3つのパーツに分かれた
透明な「自動車」

52372686923366404829710655684608

彼らが提案したのは、そもそも現在の自動車を「人が入るための透明なキャビン」「動力となる車輪付きモーター」、そして「垂直移動用モーター」の3分割にしてみてはどうか?ということ。

同じルートを上下左右に行き来し続けるモーターに、キャビンが取り付けられることで移動を可能にする仕組みのようです。エンジンをシェアする感覚に近いかもしれません。

4666410361946112

すみません。先ほど、さらっと「垂直移動用」と書いてしまいました。そう、従来の横方向に加えて縦方向の移動をも可能にするのが、本構想の大きな特徴なのです。

もし実現した場合、街の道路はこのように変化するのではないかというイメージもあわせて発表されています。

5955610562527232

少しわかりづらいですが、多くの白い粒のようなものが「oiio」。壁面道路を上ったり下りたりして移動します。

ロサンゼルスなどはアメリカ国内でも渋滞の多い街と言われていますが、このシステムが導入されれば解決へと向かう可能性も?

4853199429173248

近年はさまざまな未来の車が提案されますが、中でも一際異彩を放つ「oiio」。それを「未来」と呼べるのは今だけで、近い将来に私たちの生活に浸透していることも否定はできません。

最後に、上で説明した仕組みがいまいちイメージしづらい、という人も多いと思うので動画をどうぞ。こんなこと言うと元も子もないのですが、こちらのほうが圧倒的にわかりやすいはず(苦笑)。

Licensed material used with permission byoiio studio
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
今までゴツくて重いとまだ課題が残されているスマートメガネ。アメリカのスタートアップ企業が開発した「Alpha Glass」は普段使いに利用できる初のカジュ...
「ダイバーシティ」が叫ばれる現代。仕事、性的指向、生き方、あらゆる面においてマイノリティの立場をとっている清水文太は、全方位に対して“-less”の姿勢を...
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...