コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト

石油燃料の代替物といわれているバイオ燃料。正確に言うと、燃焼のときに二酸化炭素を排出するものの、原料となる植物が育つプロセスでそれを吸収し、酸素をうみだすことから、その排出量は「ゼロ」とカウントされています。

バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。

大量に飲まれるコーヒーが
バイオ燃料になる

イギリスの飲み物といえば、やっぱり紅茶。だけど、クリーン技術会社「Bio-Bean」の調査によると、ロンドンに暮らしている人たちは、1日平均2.3杯のコーヒーを飲んでいて、年間20万トン以上の出し殻をゴミとして捨てているようです。

そこで、「Shell」と「Bio-Bean」は連携して、コーヒーの出し殻からバイオ燃料を製造し、バスの原動力にしようという取り組みをスタートしました。

彼らは、すでに6,000リットルのコーヒーオイルを抽出していて、これをディーゼル燃料と混ぜ合わせれば、ロンドンのバスが1台、1年間走行できるだけのエネルギーを確保できると、リリースで発表しています。

6473962649288704

「コーヒーをバイオ燃料に」という革新的なアイデア。イメージをするのは難しいけど、深煎りされたコーヒー豆を考えてみれば、納得できることでしょう。確かに、豆の表面には油がついています。

さらに、多くの人から評価されているもう1つの理由は、ゴミとして扱われているものを原料にして、新たな“代替エネルギー”を作りだしたことなのかもしれません。

「Bio-Bean」の創業者Arthur Kayは、こう言っています。

「ゴミを未開発のリソースだと考え直したら、可能性のある素晴らしい事例になりました」

Licensed material used with permission byShell
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...