コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト

石油燃料の代替物といわれているバイオ燃料。正確に言うと、燃焼のときに二酸化炭素を排出するものの、原料となる植物が育つプロセスでそれを吸収し、酸素をうみだすことから、その排出量は「ゼロ」とカウントされています。

バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。

大量に飲まれるコーヒーが
バイオ燃料になる

イギリスの飲み物といえば、やっぱり紅茶。だけど、クリーン技術会社「Bio-Bean」の調査によると、ロンドンに暮らしている人たちは、1日平均2.3杯のコーヒーを飲んでいて、年間20万トン以上の出し殻をゴミとして捨てているようです。

そこで、「Shell」と「Bio-Bean」は連携して、コーヒーの出し殻からバイオ燃料を製造し、バスの原動力にしようという取り組みをスタートしました。

彼らは、すでに6,000リットルのコーヒーオイルを抽出していて、これをディーゼル燃料と混ぜ合わせれば、ロンドンのバスが1台、1年間走行できるだけのエネルギーを確保できると、リリースで発表しています。

「コーヒーをバイオ燃料に」という革新的なアイデア。イメージをするのは難しいけど、深煎りされたコーヒー豆を考えてみれば、納得できることでしょう。確かに、豆の表面には油がついています。

さらに、多くの人から評価されているもう1つの理由は、ゴミとして扱われているものを原料にして、新たな“代替エネルギー”を作りだしたことなのかもしれません。

「Bio-Bean」の創業者Arthur Kayは、こう言っています。

「ゴミを未開発のリソースだと考え直したら、可能性のある素晴らしい事例になりました」

Licensed material used with permission byShell
他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...