ロンドンに生まれる超高層ビルの「問題点」

2018年11月13日に、ロンドンの建築デザイン事務所Foster + Partnersが、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」で知られるスイス・リ・本社ビルの隣に建設され、新たな観光名所になることが期待されています。

時代の流れを汲みとっていて、観光客だけでなく地元の人々にとってもメリットのある建築になる予定。例えば、ビルの中に設置される教育施設には、5歳〜16歳までの生徒をタダで招待。観光客はゴンドラポットに乗って、シティ・オブ・ロンドンの街並みを眺められるといいます。

だけど、約10kmほど離れた場所にあるロンドン・シティ空港は反対気味……。というのも、高さが約300mになると航空管制レーダーの邪魔になってしまうから。なるほど。

2019年の初めまでに、どうするのか?という決断が下されるそうですよ。

©2018 Fosters+Partners
©2018 Fosters+Partners
©2018 Fosters+Partners
©2018 Fosters+Partners
Top image: © 2018 Fosters+Partners
他の記事を見る
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。