Banksyが自身の作品を販売。値段は10ポンドから!

10月1日、Banksyが自身のInstagram上でロンドンのクロイドン地区にショールームをオープンしたと発表。実際に足を踏み入れることはできないそうだが、店内には作品が飾られ、外からガラス越しにではあるが間近で見ることができるという。

このショールームは「Gross Domestic Product」と名付けられ、そのWEBサイト(grossdomesticproduct.com)では彼の作品を10ポンドから購入できるようになる予定だ。

さて、なぜBanksyがショールームをオープンし、作品を販売することになったのかという理由だが、とある企業から「Banksy」という商標権を売って欲しいとオファーを受けたためだと説明している。自分の名前を使って金儲けをしようとする企みが気に食わなかったのだろう。

だとすると、誰もが作品を購入できるように10ポンドという価格設定にしたのにも納得がいく。

ちなみに、Banksyはこの「Gross Domestic Product」について「夜の見映えが一番いい」と語っている。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
10月16日、Banksyの作品を購入できるオンラインサイトが正式にローンチ。
マクドナルドやイケア、ペリエ。どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...