あのBanksyの事件をパロった企業のCM【3選】

落札された瞬間に額に埋め込んであったシュレッダーにかけられ、約半分が短冊状になった絵画『少女と風船』。日本でもかなり話題になったので、もう誰が仕掛けたのかは知ってますよね?イギリスを中心に活動している覆面アーティストBanksyです。

そんな彼が計画的に起こした事件の後に、素早くシュレッダー要素を盛り込んだ広告を制作した企業がいくつかあります。この記事では、その内の3つを画像で紹介。

どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!

01.
「Perrier」

02.
「McDonald's」

03.
「IKEA」

Top image: © 2018 DDB Wien
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
10月1日、Banksyが自身のInstagram上でロンドンのクロイドン地区にショールームをオープンしたと発表。
10月16日、Banksyの作品を購入できるオンラインサイトが正式にローンチ。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
えっ、PEE(=おしっこ)?スウェーデン発祥の家具量販店、そう、あのイケアだ。彼らが新しい広告を出したという情報を入手したので調べてみたら、上の単語が並ん...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
ベルギーの「バーガーキング」がSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。写っているのは、店外に設置した広告により大手ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と...
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
簡単に言えば、コリン・キャパニックの起用は成功でした。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
イタリアのアルベルト・ボニソーリ文化財・文化活動相が、古代ローマ遺跡カラカラ浴場付近に出店が計画されていた「マクドナルド」の建設を禁止すると発表。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。