おでんの巾着(きんちゃく)に入れると美味しい「意外なモノ」3選

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

真冬の厳しい寒さが和らぎ始めてきた今日この頃。春の訪れはうれしいものの、冬ならではのあったか料理とのお別れは少し残念……。そこで、冬の料理の代表格・おでんを楽しみ尽くすための変わりダネをご紹介。

「もう食べ飽きた」なんて人にこそオススメしたい、秘められたおでんのポテンシャルをまだまだ引き出せる「巾着(きんちゃく)」利用法を伝授します!

餅と明太子の強力タッグは、
おでんでも例外にあらず!

245482228

「もち入り巾着」といえば、おでんでは比較的スタンダードなタネ。しかし、その巾着にもち以外の一品を加えるだけで、味の印象はがらりと変わります。オススメはズバリ明太子です。

もんじゃ焼きなどではよく見かけるこの組み合わせ、実はおでんの巾着の具材としても相性抜群なんです! 作り方も簡単で、巾着となる油揚げのなかに、もちと明太子を一緒に入れるだけ。

もっちり滑らかな食感に明太子のつぶつぶ感が、アナタに新しいおでん体験を与えてくれるはず!

ベーコン&モッツァレラで
洋風おでんが完成!

008572220_Large

和食のおでんにも意外に合わせやすい洋風食材が、ベーコンとモッツァレラチーズ。こちらは下処理不要で、両者をそのまま巾着に詰め込むだけでOK。

油揚げにしみたおでんの出汁と、ベーコンやモッツァレラチーズのマリアージュは、一度試してみる価値あり!ちなみに、巾着の口を閉じるかんぴょうは、パスタでも代用可能。あえてパスタを利用して、洋風感を高めてみるのもおもしろいかも。

あまった具材をそのまま再利用
「巾着餃子」にも注目!

143640832

餃子であまってしまった餡は、ぜひおでんで再利用を。油揚げに詰め直せば、新感覚の「巾着餃子」が完成!

おでんと水餃子がクロスオーバーしたかのようなハイブリットな新巾着。餃子を作った際には、覚えておきたい料理法です。

普通のおでんに飽きてしまったら、試してほしい巾着の新メニュー。どれも油揚げに具材を詰め込むだけの簡単手順ですが、事前に熱湯をかけて油抜きをするのは、忘れてはいけない基本。味のしみこみやすさがグッと変わるポイントなので、この点だけはご注意を!

静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
実はこれ、食品サンプルではないんです。