おでんの巾着(きんちゃく)に入れると美味しい「意外なモノ」3選

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

真冬の厳しい寒さが和らぎ始めてきた今日この頃。春の訪れはうれしいものの、冬ならではのあったか料理とのお別れは少し残念……。そこで、冬の料理の代表格・おでんを楽しみ尽くすための変わりダネをご紹介。

「もう食べ飽きた」なんて人にこそオススメしたい、秘められたおでんのポテンシャルをまだまだ引き出せる「巾着(きんちゃく)」利用法を伝授します!

餅と明太子の強力タッグは、
おでんでも例外にあらず!

245482228

「もち入り巾着」といえば、おでんでは比較的スタンダードなタネ。しかし、その巾着にもち以外の一品を加えるだけで、味の印象はがらりと変わります。オススメはズバリ明太子です。

もんじゃ焼きなどではよく見かけるこの組み合わせ、実はおでんの巾着の具材としても相性抜群なんです! 作り方も簡単で、巾着となる油揚げのなかに、もちと明太子を一緒に入れるだけ。

もっちり滑らかな食感に明太子のつぶつぶ感が、アナタに新しいおでん体験を与えてくれるはず!

ベーコン&モッツァレラで
洋風おでんが完成!

008572220_Large

和食のおでんにも意外に合わせやすい洋風食材が、ベーコンとモッツァレラチーズ。こちらは下処理不要で、両者をそのまま巾着に詰め込むだけでOK。

油揚げにしみたおでんの出汁と、ベーコンやモッツァレラチーズのマリアージュは、一度試してみる価値あり!ちなみに、巾着の口を閉じるかんぴょうは、パスタでも代用可能。あえてパスタを利用して、洋風感を高めてみるのもおもしろいかも。

あまった具材をそのまま再利用
「巾着餃子」にも注目!

143640832

餃子であまってしまった餡は、ぜひおでんで再利用を。油揚げに詰め直せば、新感覚の「巾着餃子」が完成!

おでんと水餃子がクロスオーバーしたかのようなハイブリットな新巾着。餃子を作った際には、覚えておきたい料理法です。

普通のおでんに飽きてしまったら、試してほしい巾着の新メニュー。どれも油揚げに具材を詰め込むだけの簡単手順ですが、事前に熱湯をかけて油抜きをするのは、忘れてはいけない基本。味のしみこみやすさがグッと変わるポイントなので、この点だけはご注意を!

静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
スペイン料理の人気メニュー、アヒージョ。具材をにんにくやオリーブオイルと一緒に煮込んだ料理です。お皿に残ったオイルをパンに浸して食べるのもいいですよね〜。...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
一つのキットから、メインディッシュとサイドディッシュが作れます。
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...