六本木の女子たちは「おでんの天ぷら」に夢中らしい

「おでんぷら」

これは、1964年創業「河豚割烹 大友」が開発した「おでん」天ぷらのこと。

出汁の染み込んだ旨味たっぷりのおでんは、通常、水分量が多く油で揚げることは困難だ。しかし、大友では、三つ星レストラン高級料亭でも採用されている高度な技法を使い、外はサクサク、中はぷりっぷりの天ぷらを完成させた。

大友は、もともと赤坂50年以上の歴史を持つ、ふぐ料理専門老舗料亭。本場・下関より直送で取り寄せた皇室献上のとらふぐを使用し、大物女優から「死ぬまでにもう一度食べたいこの逸品」と紹介されたほか、読売文学賞を受賞した小説のなかでは「冬は大友のふぐ料理を食べないと始まらない」と掲載され、政治家や各界の著名人に愛されている名店だ。

そんな大友で、消費税の増税や景気の冷え込みにより、手軽でコスパがよいものが求められる外食傾向を踏まえ、天ぷらランチを開始したところ、男性が中心だった客層に変化が生まれ、徐々に女性客増加。昨年9月からは、新メニュー「おでんぷら」の登場により、11月末には20~40代の女性客が全体の4割を占めるまでになったという。

大友の天ぷらは、低トランス脂肪酸シリコーン不使用国内最高級天然油を使用しているため、ジューシーなのにヘルシーで胃に優しいという。そんなところも、六本木界隈の女性たちを虜にしている一因かもしれない。

©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(大根)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(ちくわぶ)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(たまご)

河豚割烹 大友

【公式ホームページ】 https://www.ootomo.tokyo/

Top image: © 2020 株式会社Riche Lab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。