六本木の女子たちは「おでんの天ぷら」に夢中らしい

「おでんぷら」

これは、1964年創業「河豚割烹 大友」が開発した「おでん」天ぷらのこと。

出汁の染み込んだ旨味たっぷりのおでんは、通常、水分量が多く油で揚げることは困難だ。しかし、大友では、三つ星レストラン高級料亭でも採用されている高度な技法を使い、外はサクサク、中はぷりっぷりの天ぷらを完成させた。

大友は、もともと赤坂50年以上の歴史を持つ、ふぐ料理専門老舗料亭。本場・下関より直送で取り寄せた皇室献上のとらふぐを使用し、大物女優から「死ぬまでにもう一度食べたいこの逸品」と紹介されたほか、読売文学賞を受賞した小説のなかでは「冬は大友のふぐ料理を食べないと始まらない」と掲載され、政治家や各界の著名人に愛されている名店だ。

そんな大友で、消費税の増税や景気の冷え込みにより、手軽でコスパがよいものが求められる外食傾向を踏まえ、天ぷらランチを開始したところ、男性が中心だった客層に変化が生まれ、徐々に女性客増加。昨年9月からは、新メニュー「おでんぷら」の登場により、11月末には20~40代の女性客が全体の4割を占めるまでになったという。

大友の天ぷらは、低トランス脂肪酸シリコーン不使用国内最高級天然油を使用しているため、ジューシーなのにヘルシーで胃に優しいという。そんなところも、六本木界隈の女性たちを虜にしている一因かもしれない。

©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(大根)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(ちくわぶ)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(たまご)

河豚割烹 大友

【公式ホームページ】 https://www.ootomo.tokyo/

Top image: © 2020 株式会社Riche Lab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいの...
2日間限定のイベントとして9月に開催された「DOMDOM in 六本木」が、大盛況につき追加開催決定。
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
ビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」のごはんは、きっとビールと相性抜群なはず!そんな“ブルーパブごはん”を自分で再現。今回は「鶏のロースト マーマ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
両国駅「幻の3番ホーム」を会場に2020年1月9日〜12日の4日間、「おでんと熱燗ステーション」が開催されます。
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
11月29日(金)から約2週間にわたり、カナダの伝統料理「プーティン」を楽しむことができる期間限定カフェ「Poutinerie by Air Canada...
カスタマイズは100万通り以上! パティ・バンズ・トッピング・サイズが選べるLA生まれのハンバーガーTHE COUNTER〒107-0052 東京都港区赤...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...