六本木の女子たちは「おでんの天ぷら」に夢中らしい

「おでんぷら」

これは、1964年創業「河豚割烹 大友」が開発した「おでん」天ぷらのこと。

出汁の染み込んだ旨味たっぷりのおでんは、通常、水分量が多く油で揚げることは困難だ。しかし、大友では、三つ星レストラン高級料亭でも採用されている高度な技法を使い、外はサクサク、中はぷりっぷりの天ぷらを完成させた。

大友は、もともと赤坂50年以上の歴史を持つ、ふぐ料理専門老舗料亭。本場・下関より直送で取り寄せた皇室献上のとらふぐを使用し、大物女優から「死ぬまでにもう一度食べたいこの逸品」と紹介されたほか、読売文学賞を受賞した小説のなかでは「冬は大友のふぐ料理を食べないと始まらない」と掲載され、政治家や各界の著名人に愛されている名店だ。

そんな大友で、消費税の増税や景気の冷え込みにより、手軽でコスパがよいものが求められる外食傾向を踏まえ、天ぷらランチを開始したところ、男性が中心だった客層に変化が生まれ、徐々に女性客増加。昨年9月からは、新メニュー「おでんぷら」の登場により、11月末には20~40代の女性客が全体の4割を占めるまでになったという。

大友の天ぷらは、低トランス脂肪酸シリコーン不使用国内最高級天然油を使用しているため、ジューシーなのにヘルシーで胃に優しいという。そんなところも、六本木界隈の女性たちを虜にしている一因かもしれない。

©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(大根)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(ちくわぶ)
©2020 株式会社Riche Lab
おでんぷら(たまご)

河豚割烹 大友

【公式ホームページ】 https://www.ootomo.tokyo/

Top image: © 2020 株式会社Riche Lab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事