慌ただしい東京にいるからこそ、おいしいお茶漬け屋さんを知ってほしい。

ほかほかの白米に、お気に入りの具をたっぷりのせる。急須から丁寧に注ぐと、柔らかい香りが立ち、みるみるうちに具材が艶やかに輝いていく。家庭のファストフードとして、ずっと愛され続けてきたお茶漬けは、働くひとが簡単にご飯を食べられるようにと、作られた日本料理なのだ。毎日忙しく働いていると、ご飯を食べる大切さを忘れてしまいそうになるけれど、そんな時は、気分に合わせたお店に足を運んでもらいたい。
ちょっと休んで、ゆっくり丁寧にいただこう。雪が降るような寒い季節に、心も体もポカポカにしてくれる。

01.
自分へのご褒美に、贅沢な鯛茶漬けを召し上がれ。
銀座あさみ(東銀座)

創業してから今年で17年。『銀座あさみ』がひたむきに作り続けてきたのが鯛茶漬けだ。まずは丼として食べてみてほしい。厚切りされた鯛をご飯の上に乗せ、プリッとした歯ごたえと、濃厚なゴマだれに箸が止まらなくなる。「うちはくるみとカシューナッツを使っているから、コクがあるんだ」と、店主の浅見さん。その後は、煎茶をかけて召し上がれ。小鉢のほかに、季節ごとに旬を味わえるデザートもついてくるのは「お客さんが喜ぶから、やめられなくて」と笑う店主の心遣いだ。

雑多な都会から、料亭の立ち並ぶ東銀座の街に一歩足を踏み入れると、ゆったりとした時間が流れている。肩の力を抜くことを忘れ、急ぎ足になってしまってうような時こそ、景色を楽しみながら訪れてほしい。

銀座あさみ
住所:東京都中央区銀座8-16-6 ときわぎ館1F
電話:03-5565-1606
営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O 14:00) 
ディナー  17:30~23:00(L.O 21:30)
休:日曜、祝日

02.
お酒の後は、石焼き茶漬けで〆よう。
創作お茶漬け専門店 だよね。(六本木)

鮭と漬けいくらの海鮮茶漬けは、オープンしてからずっと愛されている『だよね。』定番の一品。最初に、だしをそのまま味わってみてほしい。厳選された昆布やかつお節に、塩を合わせた自慢の味わいは、やさしく体に染みわたっていく。器からはみ出るほどの、豪快な北海道産の焼き鮭と、ツヤツヤしたいくらの贅沢な組み合わせ。石焼の器からじゅうじゅう聞こえる音も、美味しそうでたまらない。お好みでおこげをつくったら、お茶碗によそってお茶漬けにしよう。

レッドカーペットに導かれるように足を踏み入れてみると、カウンター席の落ち着いた空間が広がっていた。ふらっと立ち寄れるバーのように、朝6時まで営業しているというから驚きだ。「お酒の〆には何が食べたい?」「やっぱりお茶漬けだよね。」こんな会話が生まれてしまうのにも、納得してしまう。

創作お茶漬け専門店 だよね。
住所:東京都港区六本木4丁目4-12-4清水ビル1F
電話:03-5770-5563
営業時間:月~木 11:30 ~ 15:00 / 17:00 ~ 翌5:00
    金 11:30 ~ 15:00 / 17:00 ~ 翌6:00
    土・祝前 11:30 ~ 翌6:00
    日・祝 11:30 ~ 23:30
休:不定休

03.
ほうじ茶をかけて、老舗の鯛茶漬けをいただこう。
竹葉亭(銀座)

うなぎ料理の代名詞とも言える『竹葉亭』で、鯛茶漬けが食べられることをご存知だろうか。まずはお刺身よりも少し厚めの鯛を、ゴマだれと一緒にご飯にのせていただこう。味付けが少し辛めになっているのは、ほうじ茶をかけてお茶漬けにした時、一番おいしく食べて欲しいという想いから。半分ほどいただいたら、すり鉢に入った白ごまをお好みで。香ばしさが広がった、違う味わいも楽しむことが出来る。

毎日お昼になると、列をつくって楽しみに待っているお客さんの姿が見える。 変わりゆく銀座の街並の中で、世代を超えて150年もの間、変わらずに愛され続けてきたのだ。江戸時代末期から歴史のある老舗の味を、丁寧にいただこう。

竹葉亭
住所: 東京都中央区銀座5−8−3
電話:03-3571-0677
営業時間:月~金 11:30~14:30(L.O)
     月~金 16:30~20:00(L.O)
     土・日・祝 11:30~20:00(L.O)
休:年末年始

04.
本格和食料理店の、だし茶漬けを堪能しよう。
だし茶漬け えん  (新宿)

だし茶漬け えん』の透き通った自家製だしは、注いでみると鰹節の香りがぶわっと香る。漬け鮪の漁師風は、だしの温かさに触れて、まぐろの色が変わっていく様子が、美しくてたまらない。一口食べた瞬間に、繊細で優しい味わいが広がり、ミョウガと三つ葉の香りが鼻から抜けていくのを感じてほしい。お箸が止まらなくなってしまうから、無料の大盛りオーダーをお忘れなく。

お店の前には、旬の食材を使った季節限定メニューのお知らせがあり、気付いて立ち止まっていると、カウンター席から美味しい匂いが漂ってくる 。今日は座って食べる時間がないなあ、という日でも、新宿店ではお茶漬けはもちろん、おにぎりやお惣菜をテイクアウトで楽しむことも出来るのだ。

だし茶漬け えん
住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1 B2F
電話:03-5339-1696
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
※テイクアウトは8:00~オープン
休:不定休日あり ※ルミネ1に準じる

05.
可愛らしさに癒されながら、ほっと一息つこう。
こめらく(新宿)

こめらく』の愛され続けているメニューは、彩りが華やかな鮭といくらの北海ごはん。はじめに、しょう油とお酒の入った特製ダレをかけてほおばってもらいたい。鮭の塩気が広がるなかで、プチプチっとはじけて甘みがとろりと溢れてくるのだ。自家製のだしをかけてマイルドになった後は、たくあんで口直し。絶妙な甘みと香りがいきて、後味をスッキリ仕上げてくれる。

店内の所々に、お米のフォルムが愛らしい、こめらくちゃんの姿がある。開店当時から変わらないお店のキャラクターだ。実は店舗の雰囲気によって、おめかしの仕方も変わっているのだとか。細やかなところまで、手作りにこだわる心配りが、お買い物中の女性の心をきゅんとさせる。

こめらく 贅沢な、お茶漬け日和。
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト店7F
電話:03-5312-8852
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
休:不定休日あり ※ルミネエストに準じる

だしをかけた時に、昆布やかつおの優しい香りがふわっと広がると、時間に余裕のない時でも、胸の奥がホッとして、肩の力が抜けていく。この店だから、このお茶漬けだから、わざわざ足を運んで食べたくなる。そんな大好きな一杯があれば、丁寧に食事をとるという喜びを、忘れないで毎日を過ごせるのかもしれない。忙しい時こそ、慌てすぎないで、心と体をほんの少しだけ見直す時間を、大切にしよう。

他の記事を見る
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
「東京アイスクリームランド」に続く第2弾。今回は「東京ドーナッツランド」です。場所は新宿区歌舞伎町。開催期間は11月1日〜18日です。
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...