和食

国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
日本人の主食は、言うまでもなくお米。でも、面白いもので、どの炊飯器を使うかで結構味が違いますよね。最近は、いろいろな種類が発売されていますが、今もっとも注...
カフェ・カンパニー代表の楠本修二郎さんと、TABI LABO代表 久志尚太郎の対談、後編は、「和食のもつ可能性」や「そもそも食べるということ」「瀬戸内の里...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
ホットプレートと言えば、焼肉やお好み焼きをイメージする人がほとんどかもしれませんね。でも、ホットプレートのポテンシャルはそんなもんじゃありません!一定の温...
タイフェスやアイルランドフェスなど国際イベントが多く開かれているイメージの代々木公園。しかし「和」のフェスもありますよ!6月16日より「大江戸和宴 〜大江...
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...