常識を覆す、「新しいお箸」と出会いました。

できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。

こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」と思ってしまうんです。無理にフォークに乗せたごはんが、口に運ぶ前にポロリ……と落ちたりしたら恥ずかしいし、マナーやお作法をプレッシャーに感じる私(笑)。

せっかくのごちそうなんだし、使い慣れたお箸で食べたほうが、よっぽど味だけに集中できる。要するに、「おいしさ」を堪能したいんですよ。そんな私のモヤモヤを「STIIK」というお箸が解決してくれそうなんです。

どんな料理にも似合うお箸

たとえば、洋食レストランのメインディッシュ。ナイフ&フォークと一緒にお箸が並んでいたら、違和感を覚える人もいるはずです。ひとつだけ、明らかに「和」を意識させる色や形があるわけですから。では、いわゆる茶色や黒、朱色のイメージを、セラミックグレーに変えてみたらどうでしょう?

ほら、見事に馴染んだではありませんか。

こうして他のカトラリーと並んでも不自然でないなら、イタリアンやフレンチだったとしても、周りの目を気にせずお箸を使うことができそう。

STIIKの箸先は、通常のものよりも少しだけ細く尖っています。これなら、サクッとした食感が身上の揚げものも、潰すことなく切り分けることができる。小さく角切りにされたサラダの野菜だって、お皿の中に残らず最後まできれいに食べることができそうです。

この形を生み出す素材に選ばれたのは、軽くしなやかな日本の天然竹。木製のものよりも折れにくく、長く使うことができるというメリットもあるんですって。

和食との相性の良さは今更ですよね。こうして見てみると、朱や黒の塗り箸でなくてもご飯が美味しそう。結局、和も洋も関係なくデイリーユースできるし、食器を選ばないのも魅力だと思うんです。

そして何より、私のようにテーブルマナーに萎縮してしまう人にこそ、このSTIIKをオススメしたい!マイ箸として持ち歩いたっていいんですから。

みんなで食べるご飯が、
もっと美味しくなるように。

「手にとって使ってみると、きっといつもよりも丁寧に食事をとれることに気がつくはずです」。

この二本の棒にどんな進化の余地があるだろう?と、既存のお箸を疑ってみることからスタートしたものづくり。現代の食生活にマッチする日本伝統のカトラリーはこうして生まれました。その結果、とてもシンプルな形にたどり着いた、とはデザインを手がけた鷲見栄児さん。

一人より、誰かと一緒にあたたかいご飯を、という思いからSTIIKは2膳で1セット。大切な人と幸せな時間を味わってみてはいかがでしょう。

2017年6月販売スタート、1セット3,240円(税込)。

Licensed material used with permission by STIIK
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈ら...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
渋谷宮益坂下にオープンした「東京たらこスパゲティ」。新しい次元で和食とパスタをクロスオーバーさせた「進化系たらこスパ」専門店。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
NIKKORIEの陶器製品「剣道のメン箸置き(青萩色)」は、丁寧に手づくりされた一点もの。長く使うほど色合いや、ゆがみなどに愛着がわく一品です。必ずや食卓...
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
イタリアのスタジオ「DesignLibero」が設計を手掛けた「バブルシールド」。外部の空気をフィルターを通して送りこみ本体を膨らませるこのシールドは、上...
世界の食通が発見する前に、この新しい「ボタニカルなSAKE」を日本人として試したい。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
描いているうちに、突然違う色が現れたら、そりゃ使いづらいに決まっている。予想外の色が出てくることを「ノイズ」に感じるか、それとも「遊び心」と捉えるか。そも...
シェフ、マーケター、科学者のチームで食の生産者のリブランディングをおこなうスタートアップ企業、dot science株式会社は、日本の伝統食・餅をUP D...
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。
木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林の一つとされている青森ヒバ。「Cul de Sac-JAPON」は、社殿や仏閣などの建築用素材として有名なこの樹木...