柚子、檸檬、山椒、生姜…。「軽やか」にそして「スパイシー」に香るSAKEが飲みたい

イタリアンやフレンチを食べるとき、「この料理なら赤がいい!」「いや白のほうが軽くて合うかも」なんて考えながら、料理に合わせてワインをチョイスするのってとても楽しい。

でもふと思った。
なんでワインを前提に考えているんだろ。
やっぱり、料理に負けないくらいの「香り」があり、それが料理に深みを持たせているからなのか。

そんなことを考えていたら出会ってしまった、このお酒。

柑橘類やハーブが香る
究極の食中酒

若者の視点から日本酒文化を正面から考え続けているチーム〈WAKAZE〉が手がけた「FONIA」シリーズは、柚子や檸檬、山椒、生姜など和食材やハーブをとり入れたライン。

通常のリキュールは副原料を発酵後に入れるけど、このシリーズは「発酵中」に入れているらしく、米本来の甘みとハーブなどの副原料のスパイシーさが相互に引き立てて、これまでのSAKEにはない「爽やかな香り」がするのだそう。

この豊かな香りのおかげで、油分や香りの強い「洋食」との相性がいいみたい。

原材料にもこだわっていて、すべて国産のボタニカル原料なんだとか。

日本が世界に誇る「SAKE」が、私たちの知らない間にさらに進化しているようです。

世界の食通が発見する前に、この新しい「ボタニカルなお酒」を日本人として試したいですよね。そのうち、「このパスタにはSAKEに決まってる!」「SAKEってほんとラムチョップに合うわあ!」なんてみんなが口を揃えて言う日が来るのかも。

現在、Makuakeから購入できます。

Licensed material used with permission by WAKAZE
他の記事を見る
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...