花とハーブ香る「お花のマフィン」がドライフラワーカフェ「HANABAR」に登場!

日本初のドライフラワーカフェとして人気の池袋「HANABAR」に、先週13日より「お花のマフィン」が登場。かわいさとおいしさが同居するメニューの誕生だ。

特徴は、しっとりとした生地にエディブルフラワーハーブを使用しているところ。花や野菜の色素を使って色付けしたチョコレートでデコレーションされており、鮮やかな色彩が幻想的ながら身体に優しい一品。

ラインナップは「抹茶とローズ」「レモンクリームチーズとタイム」「シナモン無花果とカルダモン」の3種類。どれも花の香とマフィンのコクが絶妙なハーモニーを奏でる。

同店では、この発売に合わせてカフェタイムを新設。これを記念し、今月30日までは来店した全員にブルーからピンクに色が変化するアンチャンティーの茶葉をプレゼント。

「花×食」をテーマにした店内で、目と舌で存分に花を愉しむのはもちろん、テイクアウトもできるので、自宅でじっくり優雅に味わうのもいいだろう。

©FABTONE
©FABTONE

『お花のマフィン』
【発売日】6月13日~
【価格】463円(税別)
【販売店舗】ドライフラワーカフェ「HANABAR」
【住所】東京都豊島区⻄池袋3-30-6
【営業時間】12:00〜22:00 ※営業時間が変動する場合あり
【定休日】年中無休

Top image: © FABTONE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事