「木の花器」にドライフラワーを飾ろう。

手仕事とは思えない美しい造形が特徴的な、市川岳人さんの木工作品。

2018年2月16日(金)〜25日(日)東京・浅草のGalerie NUAGEで彼の個展が開催されます。花器をはじめ、キャンドルスタンド、コンポート、ペッパーミルなどが並びます。

一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。

ドライフラワーは束で花瓶に生けたり、吊り下げたりするのが一般的ですが、一輪だけ木の花器に入れるのなら手軽にトライすることができそうです。

滑らかなフォルムや、変化に富んだ木目の美しさをじかに感じられる機会。ぜひ足を運んでみて。

547013322919116865065825232486405943632569827328

市川岳人 個展

開催期間:2018年2月16日(金)〜25日(日)12:00〜19:00
作家在廊日:16日(金)、17日(土)
休み:19日(月)
場所:Galerie NUAGE (ギャルリ・ニュアージュ)
東京都台東区駒形1-11-9

Photo by janny suzuki
Licensed material used with permission by Galerie NUAGE
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
いつもの白湯に無糖のドライフルーツを加えてみました。
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
風船に支柱を入れてそこに水を張って……。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...