ミニマリストな生活には、ドライフラワーを。

家の雰囲気をパッと明るくしたいときは、近くのお花屋さんで気分にマッチした色のお花を買う…ではなく、今度はあえて「ドライフラワー」を選んでみよう。

まさかドライフラワーに“うっとり”だなんて思わなかったけど、デザイン好きな「decor8」のライターMel Chesneauさんが惚れ込んで紹介するフラワーアーティストのアレンジには、思わず目が止まってしまった。

乾いた花に息吹を与える

5020459816976384

「ドライフラワー」と聞いて思い浮かぶものは?おばあちゃんの本棚の上に置いてある、埃をかぶったバラなんかをイメージしたり、あるいはInstagramですでにリバイバルが始まっているのをもうウォッチ済みだったり?

いずれにしても、ドライフラワーの未知なる世界を表現する、Mark Antoniaの創作には圧倒させられるはず。

私の名前はMel(メル)、デザインが大好きです。昨今、業界でもっとも心動かされたのは、間違いなく“メイカーズムーブメント”で、これは確実にスローリビングに感化されているんじゃないでしょうか。

一週間後のことをやたら気にするのではなく、「いま」を生きれるよう心掛けています(共感できる?)。だからと言うワケじゃないけど、ヨガもしているしね。「いま」を意識しているからか、日々の小さな幸せに気づける気がするんです。

6395654926499840

たとえば朝、自分で制作した陶器のマグにお茶を淹れるときに感じる幸せ。小ぶりのハンドメイドアイテムが運ぶ、このささやかな喜びは、自分の家を見渡せばすぐに感じられるでしょう。

余談ですが、その幸せに紐付けてdecor8に置いて、私が2018年に焦点を当てるのはスウェーデンのメーカーたち。そして機会があれば、その他海外のメーカーたちにも焦点を当てていこうと思います。私の発見を一緒に楽しんでもらえれば、嬉しい限りです。

59567785251962886146359723819008

脱線しましたが、ドライフラワーの話に戻しましょう。

ニュージーランドはオークランドにある「マーク・アントニア・スタジオ」に足を踏み入れたとき、もちろんドライフラワーを目にすることは予想のうちでしたが、驚かされたのはその量。

未加工のベニヤ板は、後にアントニアの“魔法の手”が触れる乾いた枝やお花を魅せるのにぴったりなバックドロップ。

6477071131869184

Antonia De Vereと隣り合わせに働くのは、彼女がアートスクールで出会ったMark Seeney(これで名前の由来もおわかりでしょう)。

恋人同士なおふたり。アントニアは自身の草花栽培とキャンドルを強みとし、マークは工業用の家具をカスタマイズしたり、日用雑貨を作ったり、小売り機関の装備などを担当しています。

「母なる自然を再現する」
ドライフラワーの世界

5920788041433088

私は、オークランドにある小洒落たお店や商業地区などで彼女のフラワーアレンジを見かけて以来、彼女の作品と聞けば、盲目的に手を出してしまうほどのファンになりました。ただ、彼女のミニマリマストな作風において、見落としていたことがひとつ。それは、彼女が自身の作品を通じて、母なる自然を再現していること。

もうちょっと詳しく説明しましょう。

61251196341452806362325980282880

アントニアがこのアイディアを思いついたのは、フラワーアレンジを委託され、無駄にされる生花を目にしたとき。

彼女はそこで使われなかった生花を乾かし、それを使って様々な試験的アプローチをとり、ようやく今あるミニマリストな作風にたどり着いたそう。アントニアは花を彫刻かのように扱うので、彼女の作業する姿にはとても惹きつけられるんです。

長く付き合える楽しみ

5357838088011776

例えばこの作品、葉っぱもベリーもつぼみもすべて器用に糊でとめていて、もともと自然界で根を張っていたかのよう。前述した「母なる大自然を再現している」と言うアントニアのメッセージは、つまりこういうこと。

58232909416366084943811293741056

彼女がドライフラワーを使って織りなすアートは、日本の生花に近いのかもしれない。息を呑むほど美しいのはもちろんのこと、すべて長くつき合っていける装飾品へと姿を変えていくのです。

4785007830761472469739103479398449992197273026566570126430175232
Licensed material used with permission byMel Chesneau, on decor8
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
コスメって機能も大切ですけど、見た目も大切!ラブリーなパッケージやアイテムは気分も上がるし、もっとキレイになれる気がしますよね。そんな女心をわしづかみにす...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...