自分のためにお花を買いたくなる、花の活け方

誕生日、お祝い、送別会、誰かに贈るための花は買うのに、自宅に飾るためのお花を買う機会がほとんどありません。花のある暮らしに憧れてはいるものの、花瓶と呼べるようなものもなく、花の種類も活け方もよくわからない。

そんなとき手にしたフラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊でした。だって自由な発想で、家にある器を使ってできる簡単な活け方を紹介しているから。

著者のCHAJINさんはこう言います。「迷わず活けよ、活けばわかるさ!」

マグカップを使っちゃう

マグカップ!その手があったか…と納得。結構使ってないのありますしね。「柄があったっていい」とCHAJINさん。個性がある柄でもチャレンジしてみたら意外とよく見えるかも。

捨てられない、
お気に入りのガラス瓶に活ける

香水の瓶、飴が入っていた瓶、おしゃれなジュースの瓶とか、使い道はわからないのに捨てられない。そんな時こそお花を活ける!写真みたいに、瓶の絵と同じ花を活けるなんておちゃめですよね。

枝はくるくるっとしてみる

桜の枝をくるくるしてる…。こんな発想ありませんでした。家にある深皿でも良さそうだし、やってみたい。

水にぷかっと浮かべてみる

あ、浮かべるだけでこんなにかわいいんだ。玄関に置いたりしたら、帰ってきた時に癒されそう。

器のフチに“頭”をのせる

ちょこんっと頭を乗せて寝てるみたい。簡単そうで、すごくセンスがあるように見えますね。

花活けの基本も教えてくれる

この本は、他の活け方ももちろん、その前に知っておきたい基本の「水のお手入れの仕方」や、「茎の切り方」もイラスト付きで教えてくれます。愛猫ウーロンちゃんも登場しますよ。

最後にCHAJINさんの言葉をご紹介します。

花は、生きるうえで絶対に必要なものとも違うかもしれませんが、そばにあれば、幸せの引き出しが増えると言いますか。すぐに実感できる喜びとも少し違い、じわじわと沁みてくるような、ゆっくりと心の中に広がってゆくような感覚かもしれません。そんな小さなしあわせ気分を、花活けを通じて知って頂けたらと思います。

花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...