見よ!この銅像を。ブリュッセル市のなんと寛大なことよ

何年か前、大阪御堂筋に並ぶ銅像の何体かが、一夜にして赤い服をまとっていたという珍事が起きた。誰かが洋服を着せたいたずらだが、らくがき同様、日本では勝手に衣類などを着せる行為はご法度だそう。どこか寂しげな銅像や石像をかわいらしくしてあげたい、そんな気持ちがはたらいたとしても、まあ不思議じゃないのかもしれない。

どうやら世界には同じような考えをする人たちがいるようで、ベルギー・ブリュッセルでも、市内の銅像がトンデモないことになっている!

主張がスゴい銅像たち

たとえばこの公園にたたずむ頭像。遠目から見ると分かりにくいが、近づいてみると、頭からすっぽり、ニットのような帽子をかぶっている。

よく見れば、ダリアに似た黄色いキク科の花に多肉植物でできたカツラ。

銅像にいのちが宿る瞬間がある

他にも、ピンクのあごヒゲをあしらった胸像。

よく見てほしいのだが、これらどれもが生花でできている。ブリュッセルを拠点に活動するフローリストGeoffroy Mottartによる、手の込んだ“いたずら”…ではなく、れっきとしたインスタレーション。名もなき銅像たちに市民の目を向けさせるためのプロジェクトなんだとか。彼は、こうして市内のあちこちに立つ銅像にフワラークラウンやヒゲをつける作品を、不定期ながらもう2年も行っているそうだ。

もちろんゲリラ的な活動ではない。きちんと市にお伺いをたて、許可が下りた場合は一日だけ、この花まみれになった銅像たちが登場する。Geoffroyによると、許可が降りない公園や銅像も多々あるそうだが、辛抱強く首を縦に振ってくれる日を待っているそう。

こうしてお許しを得ると、花冠やヒゲの制作のに向けて、まずは銅像の頭囲や顔のサイズを測ることからスタート。自身のアトリエで花を紡いでいく。

第2代ベルギー国王レオポルド二世のたくましいあごヒゲも、Geoffroyの手にかかればご覧の通り。

物言わぬ銅像たちはさておき、完成度の高いGeoffroyの花冠やつけヒゲは、やがて多くの市民の目に止まり、ついに昨年、若手アーティストらによるエキシビジョン(企画展)に、彼と銅像のコラボアートが作品として出展するまでに。

誰が得するわけでもないし、もしかしたら意味のないことと思われても仕方ない。それでも、このプロジェクトを続けていきたいとGeoffroyは意欲的だ。ブリュッセル市の寛大さもあってこそだけど。そういえば、こちらもわざわざ許可を得てのことだそうだが、渋谷で行われるファッションイベントの際に、あのハチ公もおしゃれしてたっけ。

Licensed material used with permission by Geoffroy Mottart
他の記事を見る
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
「雪に埋もれて動かない人がいる!」と勘違いした人が、救急隊員に電話。駆けつけてみると、そこには銅像が。離れて見ると、確かに勘違いしなくもない見え方だったら...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...