マイナーすぎる「世界の巨大モニュメント10選」。なかには日本の銅像も!

巨大なモニュメントっていえば、何が思い浮かぶ?

ニューヨークの自由の女神、カイロのスフィンクス、リオのキリスト像。普通は、そのあたりが頭に浮かんでくる。野球で例えるならメジャー級。観光で訪れたことがなくても、映画やガイドブックで頻繁に登場するから、知ってる人も多いはず。

そこで、今回は、あまり知られていないものにスポットをあててみた。それがこの「世界のどでかい裏モニュメント10選」。知名度からすればマイナー級ではあるが、どれもが異様な存在感を示している。リストの中には、なんと日本のものもあるので要チェック。

  #1 
関羽像
(中国・運城)

8b051fc0f62effe73b2acf5a22b24de327ce9608

#2
ワットムアンの大仏
(タイ・アントン)

6e2afded1cfc663651d08afd1a887bf1c2f719a9

#3
  仙台大観音 
(日本・仙台)

D66b488ac2a9d09a8025f1370145fcb0fadf9834

#4
マナドのキリスト像
(インドネシア・マナド)

329d2f8f8394dc4bd9a4b2d5799e90a0fdeeecaa

#5
レイチュンセッチャー大仏
(ミャンマー・モンユワ)

277b7e003a4866102e9024de6be8998385284783

#6
アフリカ・ルネサンスの像
(セネガル・ダカール)

7efc84b23755b3f9e49c6e1da55804c6c144932b

#7
ローヂナ・マーチ像
(ウクライナ・キエフ)

4641defffafb160e3554c200c73e46b9cc7b9536

#8
アタチュルクマスク
(トルコ・イズミル)

4f392d28d1d1b7a6f666798fc7e50ab1bffb3943

#9
キリスト像
(ポーランド・シフィエボジン)

E3c73d69b3c01f45ce1add8f315a22b1125932c3

#10
母なる祖国像
(ロシア・ボルゴグラード)

5a5a4ba3d2118a49f4942a4e84006f485d0fb466

見ての通り、人の姿のちっぽけなこと。その対比を考えると銅像の巨大さが、一発で理解できる。ちなみに、この中での高さトップ3は以下の通り。

1位 レイチュンセッチャー大仏 116メートル
2位 仙台大観音 100メートル
3位 ワットムアンの大仏 92メートル

ワットムアンの大仏は座っているにもかからわずだ。ちなみに、自由の女神は93メートル。もし対面したとしたら、そのどでかさにドッキリするだろうな。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/06/07 18:00)

Licensed material used with permission by Fabrice Fouillet
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
アメリカと言えば? と問われれば、多く人が「自由の女神」と答えるに違いない。または「星条旗」とか。しかし、少数派かもしれないが、アメリカといえば「ROUT...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...