日本の駐輪場がハイテクで凄い!と、海外で話題に。たしかに思わず行ってみたくなる・・・

2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。

ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動画を再生すればナルホド。改めて中の構造まで見ると、ビックリしますね。

話題になったのは、
地下埋込み型の駐輪場!

「Business Insider」が紹介した上の動画を見ると分かる通り、定位置に車両を設置して、ボタンをポチッと押すと、そのまま地下に吸い込まれていく仕組み。出庫するときは、専用のICカードをかざすだけの簡単操作。

これは、株式会社技研製作所が開発した「エコサイクル」という地下機械式の駐輪システムで、1998年に高知工科大学学生寮駐輪場に設置されてから利用可能エリアがどんどん拡大中。今では同様の地下駐車システム「エコパーク」とあわせて、日本全国で20箇所、50基も設置されているんですって。まさに知る人ぞ知るハイテク施設というわけ。

コレ1基で、
204台駐輪できる

4c2ad5146ced7c41e1496338cb6d2a9bc5d559d5

ちなみに、駐車システムは1基で50台収容可能!

先に紹介したとおり、操作は子どもやお年寄りにとってもシンプルでカンタン。上の公式動画を見るとよくわかりますが、自転車に取り付けるICタグを読みこんで、車両を地下の密閉空間へと運び、ICカードで出庫操作を管理しているため、盗難やいたずら、風雨による損傷の心配がありません。入出庫にかかる時間は、自転車で最短約8秒、平均約13秒。自動車なら平均約25秒。

駐輪場自体が場所をとらないことは言うまでもありませんが、地上部の入出庫ブースも自由にデザインできるため、景観を損ねずに設置できます。一部には、電動アシスト自転車の充電を自動充電できる機能も。

駅前や大型ショッピングモールはもちろん、これからオフィスビルの前や観光地用にと増えていくかもしれません。暮らしているエリアによってなじみのない人もまだまだ多いかもしれませんが、ちょっと試してみたくなりますよね。どこにあるのか知りたいという人は、コチラからチェックしてみてね。

38e66a0c47c03a6d6405d08902880030b2d97a921b010fea95ecbf59c277cbef15c10b1d14a82d11Fcf015207550a722b98f26d3e5c9b31d828a4e93
Licensed material used with permission by 株式会社 技研製作所
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...