「次世代型エコビレッジ」は自然とハイテクの融合がキーワード

自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボルン、コペンハーゲン…世界の大都市近郊には、地球に負担をかけない生き方を選ぶコミュニティがたくさんあります。

自然のエコシステムを参考に、人間にとって生活の基盤となる農業を基本体系としながら、持続可能な循環型のコミュニティを実現する生活。いわゆる「パーマカルチャー」がそれ。そこで、いま新しい動きが。エコビレッジも変わり始めているんです。

エコビレッジにハイテク導入

2bbc54ce5d883db9c3b4ba2cd4e8c83017a80af5Ed5fabe3ed1e45c178e37676a5df3a9c4e7ba5c65049557d5ab948428f8441910b771ca6690d3291

ここに紹介するのは、アムステルダム郊外に2018年完成予定で現在建設中のもの。「ReGen Village」と名付けられたこの村が、アーミッシュの暮らしのように文明を拒絶して生きる場所かといえば、むしろその逆。

ここは最新テクノロジーを融合して自給自足を実現させる、実験的コミューンをイメージしたほうが良さそう。アメリカ資本の不動産開発企業がカリフォルニアで始めたプロジェクトを、オランダの地で実現しようというのです。

地熱、太陽光、風力、さらにはバイオマスをエネルギーに変え、食料はもちろん、電気も、生ゴミの処理もすべてビレッジ内で完結。また、雨水や生活排水を浄化した水はアクアポニック(水耕栽培と魚の養殖を融合させたもの)へと応用させ、すべてを循環させる仕組みをつくりあげました。

ひとつのシステムのアウトプットが別のインプットにつながる」、とは創業者James Ehrlich氏の弁。自然のシステムとテクノロジーとを合理的に繋ぎ合わせ、独自のシステムを構築したのがこのビレッジ最大の特長。

技術は最新のもの、けれど農業に密着することで豊かな暮らしを見直そうとする生活デザイン自体は、パーマカルチャーのそれとなんら変わりはありません。

テスラモーターズに例えられる
緻密なデータ戦略あり

7ba6d0021fd67199fb0a379ea2463e18f4d80584A37086c9edf29da53961f262d61ecbdda519d0fe

ところで、この大がかりなプロジェクトがEV車専業メーカーとして有名なテスラモーターズの戦略に例えられている、というのもオモシロイ話。「Business Insider」はEhrlich氏の言葉をなぞらえ、“Tesla of eco-village(エコビレッジ界のテスラ)”とこんな具合に形容します。

およそ50エーカーの土地に100戸を建設予定のコミューンは、全戸にサンルームが設置され、温度センサーやモニターで管理。また効率よく農作物が収穫できるよう、データはすべてクラウド上で一元管理し、最適な情報を居住者に提供する仕組みなんだとか。

じつは、こうしたデータ分析こそが、テスラモーターズの自動運転システムの構築にも活かされた戦略。エコビレッジ版テスラ、こう形容されるゆえんはここにあるようですよ。

024752fbe9c6aea817a52128319609cf7413f4c1

伝統的な農法やライフスタイルを現代風にアレンジし、自然と寄り添いながら暮らす。ここにテクノロジーの力であらゆる生活システムを統合させたのが、この次世代型エコビレッジ。

なかには、単にテクノロジーで合理化しただけと揶揄する見方があるのも事実。それでも、インフラに依存しないエココンシャスな人、緑豊かな環境で思いのままに暮らしたい人、自然との共生にこちらを選択する人々も増えてきているようですよ。

なぜって、すでにこの開発業社、同体系のエコビレッジをスウェーデンの地方都市(ルンド)にも建設予定。さらにはデンマーク、ノルウェー、ベルギー、ドイツにも予定地の目星を付けているというんだから。

Licensed material used with permission by James Ehrlich Founder, ReGen Villages
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
東京・原宿CASE BにSK-Ⅱがオープンした期間限定ポップアップストア「FUTURE X Smart Store by SK-II」。ここは、店内に一歩...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
「ヒッピー」と聞いて、一般的に思い浮かぶイメージはきっとこう。ファッションや音楽の趣味が個性的で、自然が大好き。穏やかな印象で、ラブ&ピース!「Highe...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
35歳のとき、脱サラをして世界のカフェを巡った今岡寛之さん。その中で自分にとっての理想のカフェを見出しました。帰国して、理想のカフェを実現できる場所を探し...
これまでの卓球に対する価値観を一気に変えてしまう、「未来の卓球台」がコチラ。Thomas Mayer氏が考える“あったらいいな”を映像化したものですが、そ...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...