半自給自足できる「アーバンなエコビレッジ」が、アムステルダム近郊に建設開始!

2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニティを形成すること。

「ReGen Village(再生の村)」と呼ばれており、場所はアムステルダムから電車で20分、距離にして約30kmほど東に行ったところ。都市から近く、その近代的なビジュアルも目を引く要因に。

必要な食料の約50%を賄える?

52bc72a183c163b1b8ef0f2de0177f9219f60f2f0bc3d7b8d65d1f8ced35404d0039966d690994b3B8b02979361cb6db4d5b35f6024f9a8e2a2c02e4E0c92b5e6838192f3c162c66ff449612a4fd975e6180fc57a1bee050c86dc1ddeab35e557b835c18

エネルギーは、地熱、太陽光、太陽光熱、風力、バイオマスなどから発電。雨水や生活雑排水をリサイクルして、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培を掛けあわせたアクアポニックス(魚耕栽培)へと応用します。

魚耕栽培とは、魚の排泄物を植物の栄養分として利用し、浄化された水を再び魚へと還元する方法。

そのほか、空中栽培などと組合わせて農場の生産性を効率化し、水の使用量を通常の10%に抑えた上で、収穫量を10倍に増やせます。

試験的な運用ですが、アルメーレ市の場合、必要な食料の半分ほどは賄えるだろうと言われています。

料理をするときには、勝手口を開けて畑から新鮮な野菜を収穫するなんて暮らしを想像してみて下さい。

Licensed material used with permission by EFFEKT
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
海上都市の研究機関Seasteading Instituteは、フランス領ポリネシアと協力し、太平洋に浮かぶ人工都市を作るプロジェクトを進めているそう。完...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
とにかく、好奇心を抑えることが出来なかった。四六時中アヤワスカのことを考え、調べれば調べるほど引き寄せられていった。
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...