中国の「次世代スマートシティ」がさらなる進化を遂げるかも?

中国の次世代型スマートシティとして世界から注目を集める雄安新区

そんな街のアフターコロナを見据えた都市開発コンペが開催され、スペインのデザイン会社「Guallart Architects」が住宅とコミュニティ部門で優勝したのだが、その“ハイテク自給自足都市”っぷりがすごい!

伝統的な欧風の街区画に、中国の都市型タワー農作スペースを掛け合わせたような構造になっており、今年、世界中で実行されたロックダウンなどにも耐えられるよう、地区内で生活のすべてが完結するようになっている。驚くことに、設置された温室ではほとんどすべての種類の野菜や果物が栽培できるのだとか。

また、3Dプリンターを配備したコワーキングスペースでは、紛失、破損したアイテムを簡易的に作ることができ、外部からの物品の供給に頼る必要もなし。ほかにもプール幼稚園オフィス役所、さらにはなんと消防署まで完備する充実ぶり。

コンパクトサステイナブル、そしてニューノーマルな未来都市は、はたして現実のものとなるのだろうか。続報に期待したい。

Guallart Architects self-sufficient city xiong
© Guallart Architects
Guallart Architects self-sufficient city xiong
© Guallart Architects
Top image: © Guallart Architects
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...