「ペットの飼い主」も格付けされる中国

中国で「信用スコア」がどんどん普及しているのは、ご存じの方も多いんじゃないでしょうか。その数値によって、ローン金利が下がったり公共交通機関の利用が制限されたりするシステムです。

同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。

とは言っても、具体的な内容を知るとそこまで理不尽でもない様子。例えば、糞尿の始末をしなかった場合などが減点対象。とにかく他人に迷惑をかけずにペットを飼っているなら、何も問題はありません。

先にお伝えした通り、減点されすぎるとペットは没収。ですが、マナーテストを受けて、それに合格すれば、再びペット一緒に過ごすこともできる救済措置がちゃんと考えられた仕組み。

賛否両論がありそうなシステムだけど、「信用スコア」はこういうところにも使われるんですね。

Top image: © iStock.com/nycshooter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「おもいでの国」は「株式会社キングジム」が運営する、ペット用の仏壇・仏具を揃えるネット通販サイト。そのECサイトが2019年11 月21日(木)に「楽天市...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。