4コママンガで綴る「ネコと私の12年」

何も言わなくても、心が通じ合える関係。“最高の友”が、人間だとは限りません。Rikke Asbjoerさんの親友は、飼いネコのTeddy。どんな時も生涯の伴侶のように、彼女に寄り添いながら生きてきました。

時には、喧嘩することもあるけれど、12年間ずっと支え合った1人と1匹。彼らの暮らしぶりは、Rikkeさんが日記のように描写した4コママンガに表現されています。

蛇足ですが、左上から右下へのZ読み。

 戦友であり、
夫婦でもある

誰よりも大切な存在

「もう、Teddyのいない生活なんてありえない」

Rikkeさんにとっては、何よりも大切なソウルメイト。「くされ縁」に種の違いは関係ないのかも。そんなパートナーとの暮らしは、ちょっと羨ましく思えませんか?

Licensed material used with permission by Rikke Asbjoern
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
180匹以上のネコと飼い主のポートレイトを撮影するBriAnne Wills。写真にうつるのは、見ているだけでも愛情を感じる女性たちと愛猫の姿。それぞれが...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
気ままな猫たちは、飼い主のことをどう思っているでしょうか?WEBサイト「Things In Squares」で描かれた作品「猫からの手紙」には、猫から人間...
米「HYPELEV」社がスニーカーを空中に浮遊させて飾れるデバイス「Levitation Display Stand」を販売中。