さあ乾杯しよう!ペットと一緒に楽しめる「犬・猫用ワイン」が登場

前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む気なの?」。でも、彼らの恨めしそうな視線が笑顔に変わる。こんなステキな飲み物がありました。

寂しい夜も、ペットが晩酌の
お相手してくれる

JEDIさん(@jedi_f6)が投稿した写真 -

コロラド州デンバーに拠点を置くワインメーカー「Apollo Peak」が造るのは、人間のためのソレではありません。ここで造られているものは、すべて犬や猫たちのために特別に開発されたペット用ワイン。

ノンアルコールだってことは、ここで説明するまでもありませんね。では、ただの着色したジュースかと言えば、さにあらず。主原料は、人間でも嫉妬してしまいそうなオーガニック野菜とハーブ、さらにはコロラドの天然水をブレンドして造られているんだそう。

ご主人と一緒にワイングラスをかたむけ、優雅な時間を楽しむ。

、その雰囲気を味わうことは十分にできそう。

A976093a05a7494ddc2ce049ff804001ae7208e7

ネーミングに
センスがキラリ

D45d1158272f1f596b00aafea23af00c8860a1ed

開発者の遊び心が多分に感じられるのは、このセンスあるネーミングを見ても伝わってきます。

白は、マスカット(Moscato)品種のワインをもじって「MOSCATO」と、しっかりCATを強調。原材料はマタタビのような効果があることから西洋マタタビとも呼ばれるハーブ、キャップニットのエキスを地元コロラドの天然水で薄めたもの。

いっぽう赤は、今や世界中で栽培されるピノ・ノワール(Pinot Noir)をもじり「PINOT MEOW」。ちなみにMeowは、英語で猫の鳴き声「ニャ〜」の意。こちらはさらに有機栽培されたビーツのジュースが含まれているんだそう。

なんでも、飲めばキャップニットの効果で猫たちもほろ酔いならぬ、ちょっとした高揚感を得ることができるんだとか。

Fc4abffb4a7c8e90cf83d1e12439b0cdf9cd09c7A65db16b884e2e1841d3644c1a679fa94f6a09daC2af57f366ee2e3c45159cdabdeae4c87967b590

こちらは、猫ワインのヒットに続いて新たに開発された犬用ワイン。白「CHARDOGNAY」と赤「ZINFANTAIL」。どちらも消化器官の不調を助けるペパーミントがブレンドされているそう。

「猫ならキャップニットのように興奮作用を与える刺激があるのですが、同じような効果を犬用でしかも身体にもやさしいハーブで見つけることには、大変苦労しました。調査した結果、消化器官を整えたり、リラックス作用のあるペパーミントやカモミールにようやくたどり着いたんです」

とは「Huffington Post」に寄せた、Apollo Peak創設者のBrandon Zavala氏のコメント。

236mlで11.95ドル(約1,200円)。340mlは17.95ドル(約1,800円)で発売中。シッピングは別途かかるけど、愛犬、愛猫とちょっと特別な一日にいかがですか?もちろんハウスワインとしてもOK。「欲しい〜」という人、こちらからGO!

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by Apollo Peak
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
まるで仲良し兄弟のようにどこへ行っても離れない犬のHenryと猫のBaloo。コロラド州に住むカップルのもとで暮らしています。時々みんなでハイキングに出か...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
猫は見た目だけでなく、その性格も魅力的♡ ここで紹介するのは、米オンラインショップ「Lingvistov」が、ギフトカード用に作成した猫を飼うべき理由が書...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
さまざまな事情で犬や猫を飼えない人におすすめしたいのが『Qoobo』のクッション型セラピーロボット。「しっぽ」の形をしたこのクッションは、なでるとしっぽを...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...