さあ乾杯しよう!ペットと一緒に楽しめる「犬・猫用ワイン」が登場

前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む気なの?」。でも、彼らの恨めしそうな視線が笑顔に変わる。こんなステキな飲み物がありました。

寂しい夜も、ペットが晩酌の
お相手してくれる

コロラド州デンバーに拠点を置くワインメーカー「Apollo Peak」が造るのは、人間のためのソレではありません。ここで造られているものは、すべて犬や猫たちのために特別に開発されたペット用ワイン。

ノンアルコールだってことは、ここで説明するまでもありませんね。では、ただの着色したジュースかと言えば、さにあらず。主原料は、人間でも嫉妬してしまいそうなオーガニック野菜とハーブ、さらにはコロラドの天然水をブレンドして造られているんだそう。

ご主人と一緒にワイングラスをかたむけ、優雅な時間を楽しむ。

、その雰囲気を味わうことは十分にできそう。

ネーミングに
センスがキラリ

開発者の遊び心が多分に感じられるのは、このセンスあるネーミングを見ても伝わってきます。

白は、マスカット(Moscato)品種のワインをもじって「MOSCATO」と、しっかりCATを強調。原材料はマタタビのような効果があることから西洋マタタビとも呼ばれるハーブ、キャップニットのエキスを地元コロラドの天然水で薄めたもの。

いっぽう赤は、今や世界中で栽培されるピノ・ノワール(Pinot Noir)をもじり「PINOT MEOW」。ちなみにMeowは、英語で猫の鳴き声「ニャ〜」の意。こちらはさらに有機栽培されたビーツのジュースが含まれているんだそう。

なんでも、飲めばキャップニットの効果で猫たちもほろ酔いならぬ、ちょっとした高揚感を得ることができるんだとか。

こちらは、猫ワインのヒットに続いて新たに開発された犬用ワイン。白「CHARDOGNAY」と赤「ZINFANTAIL」。どちらも消化器官の不調を助けるペパーミントがブレンドされているそう。

「猫ならキャップニットのように興奮作用を与える刺激があるのですが、同じような効果を犬用でしかも身体にもやさしいハーブで見つけることには、大変苦労しました。調査した結果、消化器官を整えたり、リラックス作用のあるペパーミントやカモミールにようやくたどり着いたんです」

とは「Huffington Post」に寄せた、Apollo Peak創設者のBrandon Zavala氏のコメント。

236mlで11.95ドル(約1,200円)。340mlは17.95ドル(約1,800円)で発売中。シッピングは別途かかるけど、愛犬、愛猫とちょっと特別な一日にいかがですか?もちろんハウスワインとしてもOK。「欲しい〜」という人、こちらからGO!

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by Apollo Peak
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
「おもいでの国」は「株式会社キングジム」が運営する、ペット用の仏壇・仏具を揃えるネット通販サイト。そのECサイトが2019年11 月21日(木)に「楽天市...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
まるで仲良し兄弟のようにどこへ行っても離れない犬のHenryと猫のBaloo。コロラド州に住むカップルのもとで暮らしています。時々みんなでハイキングに出か...
愛犬や愛猫を家に置いていくのは心配だろうからオフィスに来なくてもいいよ!という福利厚生です。
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...