アメリカで巻き起こっている「ペットレンタルサービス論争」

やはり、この種のサービスには賛否両論がつきものです。

アメリカで展開されている『Rescue Time』は、シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス。もうこの子と離れられない!となった場合には、そのまま引き取ることも可能です。

WEBサイトを見るかぎりでは、一晩79ドル(約9000円)から。もっとも高価なプランは1ヵ月で489ドル(約5万5500円)。週に1日、5匹の子犬または子猫がいっぺんに借りられるそうで、中規模オフィス向けの需要も少なくないみたい。

この『Rescue Time』の是非を巡って、先日から、アメリカ国内では論争が巻き起こっているようです。

「仕事柄、家を留守にすることが多くてペットを飼いたくても飼えないから素晴らしい」や「里親探しも兼ねているから良い」という意見もあれば、「子犬や子猫は頻繁に環境が変わると大きなストレスを感じてしまう」、「生き物をモノ扱いしてる」という批判の声も。

う〜ん、どちらの意見も理解はできます。だからこそ、善悪をはっきりさせるのが難しい問題なんですよね。

Top image: © iStock.com/Alena Kravchenko
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
ペットのバンダナとお揃いのマスクがかわいい。マスクを生活をもっと楽しもう!
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
愛犬や愛猫を家に置いていくのは心配だろうからオフィスに来なくてもいいよ!という福利厚生です。
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...