いまアメリカで起きている人種差別論争は、日本でも起こりうるかもしれない。

「日本人は暴力的だ」と一括りにされたら、あなたはどう感じますか?そんなことを頭に入れつつ、この記事を読んでみてください。

いま、アメリカの一部で起きている論争は、まさにこうした偏った意見が問題になっています。まずは、きっかけとなった全米ライフル協会の動画を見てみましょう。

賛同する人もいれば
プロパガンダだと批判する人も

ダナ・ローズチによる渦中の動画を要約すると、「黒人はメディアを上手く利用しているし、学校では大統領を批判するような教育をしている。さらに、人種差別を過剰に訴え、道路や空港で暴力的なデモを起こしている。だから、警察官は銃を持って止めなければいけない」というもの。

これに対して、アメリカでは論争が起こっているのです。警察が銃を持っているおかげで命を救われたと言う人もいれば、偏見を植えつけてしまうので取り下げてほしいと要求する人もいます。

Funmilola Fagbamilaは後者をサポートするアクティビスト。彼女は同じような内容を語ることで、ある一部の人が起こしたモラルのない行動を、多くの人がやっていると勘違いしてしまう危険性がこの動画にはあると伝えようとしました。

彼女は、「ライフル協会の人たちは銃を黒人を撃つために使っているし、黒人を刑務所に送ろうとしている。それに対抗する唯一の道は、今の社会に潜む差別を訴えるデモなのだ。だから、私たちは戦い続ける」と、あえて偏見を作るように語ります。これには、銃の所有を支持する人から多くの批判のコメントが相次ぎました。

しかし、彼女のメッセージには続きがあります。

「私たちはより良い生活を求めているのです。それを全米ライフル協会が暴力的だと一括りにするのは違うのではないでしょうか。アフリカ系アメリカ人は全く恐れていませんが、こういったことがあるので自分たちの生活が安全ではないと知っています。

だから、メディアに意見を投稿するのです。もちろん、子どもたちへの教育だって。デモを起こすこともあるでしょう。全ては生活のため。

全米ライフル協会の偏見を植え付けるビデオを公開したことに抗議し、私たちは取り下げるように要求します」

そして、最後には無実なのに殺害されてしまったアフリカ系アメリカ人の親族の方たちが。この人たちも暴力的だと言えるのでしょうか?

日本人にとっても
他人事ではないのかもしれない

一番初めの質問、誰だって日本人が暴力的と言われたら、「僕は違う」という抵抗感を覚えるはず。アフリカ系アメリカ人の多くが、この想いを抱えているのではないでしょうか。

もしかすると、僕たちにとって「人種差別」は身近に感じないことかも。だけど、グローバル化が進み、ダイバーシティという言葉が日本でも浸透していることを考えると、このような論争は意外と他人事ではないのかもしれません。

Reference:DeRay Mckesson
Licensed material used with permission by Dignity and Power Now
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
差別に関してはアメリカで最も厳しい州のひとつ、カリフォルニア。現在、自然な髪型に対する差別行為を法律で禁止にしようとしています。 例えば、アフリカ系アメ...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は彼のスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!