今アメリカで炎上中のCMと、背景にある「キング牧師のスピーチ」。

あるCMに、今、アメリカ全体が抗議しています。

全米で1番盛り上がるイベントとも言われている、スーパーボウル。テレビ中継の視聴者も多く、企業は高いお金をかけて広告を出しています。自動車メーカー「Ram Trucks」もまた、そのひとつ。

だけど、そのCMを観た多くの人が、批判的なコメントを残しています。動画がアップロードされているYouTubeチャンネルでは、「高く評価する」よりも、2倍近く「低く評価する」のボタンが押されているほど。

その理由は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)にありました。

間違った内容で引用される
「キング牧師のスピーチ」

日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は、半世紀前の2月4日に行われたスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わせて、購入を促すようなCMを制作しました。

あたかも、キング牧師が車を買うことをすすめているかのように。

独唱しているような口調と力強い声、ユニークな言い回しには、やはり心に刻まれるようなインパクトがあります。しかし、彼は同じスピーチの他のパートで、このように広告について語っています。

「品のあるジェントルマンになるには、ウイスキーを飲まなければいけない。近所の人を羨ましがらせるには、特定の車を運転しなければいけない。誰かに愛される存在になりたければ、口紅と香水が必要になる。だけど、覚えておいてほしい。ただのモノを買っているにすぎないと。これこそが、広告主たちが使っている手法なのです」

これは“経済格差に対する想い”を語ったスピーチとしても知られています。彼は、周りに影響されて何かを買うのはやめようという旨を、伝えたかったようです。つまり、どちらかといえば、車の購入には否定的なスタンス。

アメリカでは、「Martin Luther King Jr. Day」といわれる1月15日や「Black History Month」である2月に合わせて、人種差別やキング牧師についての特別講義が行われます。たくさんの人の頭の中に、彼のメッセージが残っていたからこそ、アメリカ中がこのCMに対する異論をとなえているのでしょう。

日本でも賛否があるかもしれません。アメリカでは、なおさらです。だけど、暗殺される前日のスピーチで、キング牧師はこう力強く語りました。

「どこかで読んだ、集会の自由があると。どこかで読んだ、言論の自由があると。どこかで読んだ、報道の自由があると。

そして、どこかで読んだのです。アメリカの偉大さは権利のために抗議ができる権利があることだと

「みなさんと一緒にたどり着くのは難しいかもしれない。だけど、知っておいてほしい。私たちは、ひとつの民として、必ず約束の地に到達するということを」

アメリカに暮らす多くの人が、第三者ではなく当事者として、内容に誤りがあると自分で考え、たった1つのCMに抗議をした。今のアメリカは、“偉大な力”を使い、“約束の地”へと近づいているのかもしれません。

Top Photo by Bettmann/Getty Images

疑問視される政治政策。

関連する記事

Jasmine Vaughn-Hallさんが用意してくれたのは、キング牧師の20の名言。人種差別撲滅に働きかけ、アフリカ系アメリカ人の人生に多大なる影響を...
アメリカの人種差別撤廃に大きな礎を築いた人物。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)。彼の一連の言動には、「現代のビジネスマンが教訓にすべき...
「8月5日の金曜日は、キング牧師が住居の隔離政策に抗議するため、シカゴでデモ行進をした日から、50年目を迎える記念日でした。あれから時代は大きく変化しまし...
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
リンカーン大統領が奴隷解放宣言をしてから100年後の1963年。ワシントン大行進で、キング牧師はアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として人々にこう語り...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
「マクドナルド」と「バーガーキング」といえば、人気を二分するライバルとして知られる世界的なハンバーガーチェーン店。話題には事欠かない両者だが、このたびコス...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
9月24日、デンマークの「バーガーキング」が広告エージェンシー「Uncle Grey」と協力して、「The Whopper Reply」という無料クーポン...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
フランスの「バーガーキング」はTwitterで、他社名をあげながらテイクアウト利用を促し、外食産業支援を呼び掛けた。
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
米大手ハンバーガーチェーン「バーガーキング」のテレビCMが、ネット上で話題に。画面を動き回るQRコードを読み取れたら「ワッパー」の無料クーポンをゲットでき...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
9月7日〜13日に開催された「Helsinki Pride 2020(ヘルシンキプライド2020)」に合わせて、フィンランドの「バーガーキング」がLGBT...
英「バーガーキング」が看板商品「ワッパー」について“ある告白”をする動画が話題に!
「バーガーキング」が期間限定の新バーガーのビジュアルを公開するも中身はなんと「非公開」。広告の中身の部分には大きなモザイクがかかっており、「ぜひ、ご自身で...
米動画配信サービス「HBO Max」がアカデミー賞作品『風と共に去りぬ』の配信を一時停止。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。