今アメリカで炎上中のCMと、背景にある「キング牧師のスピーチ」。

あるCMに、今、アメリカ全体が抗議しています。

全米で1番盛り上がるイベントとも言われている、スーパーボウル。テレビ中継の視聴者も多く、企業は高いお金をかけて広告を出しています。自動車メーカー「Ram Trucks」もまた、そのひとつ。

だけど、そのCMを観た多くの人が、批判的なコメントを残しています。動画がアップロードされているYouTubeチャンネルでは、「高く評価する」よりも、2倍近く「低く評価する」のボタンが押されているほど。

その理由は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)にありました。

間違った内容で引用される
「キング牧師のスピーチ」

日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は、半世紀前の2月4日に行われたスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わせて、購入を促すようなCMを制作しました。

あたかも、キング牧師が車を買うことをすすめているかのように。

独唱しているような口調と力強い声、ユニークな言い回しには、やはり心に刻まれるようなインパクトがあります。しかし、彼は同じスピーチの他のパートで、このように広告について語っています。

「品のあるジェントルマンになるには、ウイスキーを飲まなければいけない。近所の人を羨ましがらせるには、特定の車を運転しなければいけない。誰かに愛される存在になりたければ、口紅と香水が必要になる。だけど、覚えておいてほしい。ただのモノを買っているにすぎないと。これこそが、広告主たちが使っている手法なのです」

これは“経済格差に対する想い”を語ったスピーチとしても知られています。彼は、周りに影響されて何かを買うのはやめようという旨を、伝えたかったようです。つまり、どちらかといえば、車の購入には否定的なスタンス。

アメリカでは、「Martin Luther King Jr. Day」といわれる1月15日や「Black History Month」である2月に合わせて、人種差別やキング牧師についての特別講義が行われます。たくさんの人の頭の中に、彼のメッセージが残っていたからこそ、アメリカ中がこのCMに対する異論をとなえているのでしょう。

日本でも賛否があるかもしれません。アメリカでは、なおさらです。だけど、暗殺される前日のスピーチで、キング牧師はこう力強く語りました。

「どこかで読んだ、集会の自由があると。どこかで読んだ、言論の自由があると。どこかで読んだ、報道の自由があると。

そして、どこかで読んだのです。アメリカの偉大さは権利のために抗議ができる権利があることだと

「みなさんと一緒にたどり着くのは難しいかもしれない。だけど、知っておいてほしい。私たちは、ひとつの民として、必ず約束の地に到達するということを」

アメリカに暮らす多くの人が、第三者ではなく当事者として、内容に誤りがあると自分で考え、たった1つのCMに抗議をした。今のアメリカは、“偉大な力”を使い、“約束の地”へと近づいているのかもしれません。

Top Photo by Bettmann/Getty Images

疑問視される政治政策。

Jasmine Vaughn-Hallさんが用意してくれたのは、キング牧師の20の名言。人種差別撲滅に働きかけ、アフリカ系アメリカ人の人生に多大なる影響を...
アメリカの人種差別撤廃に大きな礎を築いた人物。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)。彼の一連の言動には、「現代のビジネスマンが教訓にすべき...
「8月5日の金曜日は、キング牧師が住居の隔離政策に抗議するため、シカゴでデモ行進をした日から、50年目を迎える記念日でした。あれから時代は大きく変化しまし...
リンカーン大統領が奴隷解放宣言をしてから100年後の1963年。ワシントン大行進で、キング牧師はアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として人々にこう語り...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
ビールのCMというと、芸能人がグビッと飲んで「うまい!」といったイメージがある。でも、オランダのビールメーカー「Heineken(ハイネケン)」の映像には...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
年が明けて、新しい目標を抱く人が多い1月。2018年が終わるときに、どんな自分だったら「最高の年だった」と言えるだろう。去年できなかったことや、反省をいか...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...