人種差別、偏見。アメリカの暗部をあぶり出したオリジナル作品

第二次世界大戦後、アメリカにはあからさまな人種差別や偏見があった。

元世界ヘビー級王者であるモハメド・アリ。18歳の時、ローマオリンピックで金メダルを獲得した彼を待ち構えていたのは、レストランからのキックアウトだった。金メダルを見せたにもかかわらず「ここは白人専用、黒人の来る場所ではない」と理由で追い出されてしまったのだった。彼は、その帰り道、オハイオ川に金メダルを投げ捨てた。

Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』を観ながら、僕はその話を思い出したのだ。

ミシシッピ州が舞台

物語を深く理解するために、バックグラウンドについて触れよう。

舞台は、第二次世界大戦後のミシシッピ州。一般的にアメリカ南部は、人種差別がひどいといわれているが、特にこの州は悪名が高い。1955年には、黒人少年のリンチ事件も起こっている。

全身を殴打され、片方の目玉をえぐられて、銃で頭を撃ち抜かれ、重りをつけて川に投げ捨てられた少年の名前は、エルメット・ティル。何と白人女性に口笛を吹いただけで殺されてしまったのだ。3日後に少年の死体は発見される。ティルの母親は、世界に残虐極まる殺害方法を伝えるために、棺を開けたまま葬儀を行うことを主張。そして、報道によって殺害写真が公開され、米国中を文字通り震撼させることになる。

かつて、ミシシッピ州は全米で最もリッチな土地であったが、すっかり落ちぶれてしまってからは、多くの白人が、プアホワイトと呼ばれる貧困層になった。その影響で、この地には人種差別が色濃く残ることになったという。

目を背けたくなる
黒人と白人の関係

作品タイトルのマッドバウンドとは、泥だらけのという意味。気が重たくなるようなブルースの楽曲。そのタイトルに象徴されるように、泥によって身動きがとれなくなったキャラクターたちがスクリーンに登場する。

棉花農場で働く黒人家族と白人家族。黒人の家族は、人種差別と偏見に満ちた日常の中で、まるで白人の家族の奴隷のような仕打ちに耐えなければならない。当時の白人に逆らうことのできない米国社会の暗部があぶり出されていて、その描写は嫌悪感を覚えるほどに醜い。

作品内でフィーチャーされているのが、戦地から帰国した黒人男性と白人男性の関係。2人は、戦争による心的外傷を負っているという共通点がある。やがて、お互いに戦場での話を交わすうちに心を通わせていく。

人種の壁を乗り越えて、友情を育む2人だったが…ある日、衝撃的な事件が起きてしまう。

黒人監督ならではの視点

監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だったとのことだ。

昔ほどではないにせよ、今でも米国に深く根づく人種差別問題。自由の国アメリカ。その別の顔を知る意味でも『マッドバウンド 哀しき友情』は観てもらいたい。

Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』独占配信中

Licensed material used with permission by マッドバウンド 哀しき友情

関連する記事

12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
米動画配信サービス「HBO Max」がアカデミー賞作品『風と共に去りぬ』の配信を一時停止。
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
昨年10月のコンテストで建築スタジオ「ABIBOO」が発表した火星都市の構想は、長年の人類の夢を大きく前進させそうだ。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
Netflixでおすすめの映画・ドラマ・ドキュメンタリーを18作品紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。そのなかには「顔認証テクノロジー市場...
11月25日、「Netflix」がニューヨークにある劇場「Paris Theatre」とリース契約を締結したと発表。
Netflixでおすすめ! 社会現象を起こした「Netflixオリジナル作品のドラマ」を紹介。『ウィッチャー』『YOU ー君がすべてー』『ペーパー・ハウス...
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
有名写真家がかつてない規模で参加するチャリティイベント「Anti-Racism Photo Fundraiser」が開催中。イギリスで起きている人種差別を...
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
黒人への差別や暴力への批判が激化した2020年。「この状況は変わるべきだ。Appleも変化のために熱心に取り組む」と約束した「Apple」CEOのティム・...
差別に関してはアメリカで最も厳しい州のひとつ、カリフォルニア。現在、自然な髪型に対する差別行為を法律で禁止にしようとしています。 例えば、アフリカ系アメ...