人種差別、偏見。アメリカの暗部をあぶり出したオリジナル作品

第二次世界大戦後、アメリカにはあからさまな人種差別や偏見があった。

元世界ヘビー級王者であるモハメド・アリ。18歳の時、ローマオリンピックで金メダルを獲得した彼を待ち構えていたのは、レストランからのキックアウトだった。金メダルを見せたにもかかわらず「ここは白人専用、黒人の来る場所ではない」と理由で追い出されてしまったのだった。彼は、その帰り道、オハイオ川に金メダルを投げ捨てた。

Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』を観ながら、僕はその話を思い出したのだ。

ミシシッピ州が舞台

9ab161fdfd154123fc1e1f3d4837126172b1f257

物語を深く理解するために、バックグラウンドについて触れよう。

舞台は、第二次世界大戦後のミシシッピ州。一般的にアメリカ南部は、人種差別がひどいといわれているが、特にこの州は悪名が高い。1955年には、黒人少年のリンチ事件も起こっている。

全身を殴打され、片方の目玉をえぐられて、銃で頭を撃ち抜かれ、重りをつけて川に投げ捨てられた少年の名前は、エルメット・ティル。何と白人女性に口笛を吹いただけで殺されてしまったのだ。3日後に少年の死体は発見される。ティルの母親は、世界に残虐極まる殺害方法を伝えるために、棺を開けたまま葬儀を行うことを主張。そして、報道によって殺害写真が公開され、米国中を文字通り震撼させることになる。

かつて、ミシシッピ州は全米で最もリッチな土地であったが、すっかり落ちぶれてしまってからは、多くの白人が、プアホワイトと呼ばれる貧困層になった。その影響で、この地には人種差別が色濃く残ることになったという。

目を背けたくなる
黒人と白人の関係

9dc51f3168a5aff9966a783c2900b16e1c7c4079

作品タイトルのマッドバウンドとは、泥だらけのという意味。気が重たくなるようなブルースの楽曲。そのタイトルに象徴されるように、泥によって身動きがとれなくなったキャラクターたちがスクリーンに登場する。

棉花農場で働く黒人家族と白人家族。黒人の家族は、人種差別と偏見に満ちた日常の中で、まるで白人の家族の奴隷のような仕打ちに耐えなければならない。当時の白人に逆らうことのできない米国社会の暗部があぶり出されていて、その描写は嫌悪感を覚えるほどに醜い。

7825d7f49f51b6c40228aedac5250483e6d18f79

作品内でフィーチャーされているのが、戦地から帰国した黒人男性と白人男性の関係。2人は、戦争による心的外傷を負っているという共通点がある。やがて、お互いに戦場での話を交わすうちに心を通わせていく。

人種の壁を乗り越えて、友情を育む2人だったが…ある日、衝撃的な事件が起きてしまう。

黒人監督ならではの視点

4bf73b3646ebeb821eabbab88dd82d06419335df

監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だったとのことだ。

昔ほどではないにせよ、今でも米国に深く根づく人種差別問題。自由の国アメリカ。その別の顔を知る意味でも『マッドバウンド 哀しき友情』は観てもらいたい。

Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』独占配信中

Licensed material used with permission by マッドバウンド 哀しき友情
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...