ネイティブアメリカンに学ぶ「ジェンダーフリー」

人種や宗教、ジェンダーに対する差別は、今も世界に蔓延しています。「あの人は私と違う」、「あの考えには賛成できない」、他者を受け入れられない想い、誰にでも根底にはこれに近いものがあることは否めません。

少なくともネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。

彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか。
どのように人と違うことを理解していたのか。

今を生きる僕たちにも、彼らの考え方から学べるものがあるはずです。ここでは「I heart Intelligence」の記事を紹介しましょう。

性別の枠を超えた
「5つのジェンダー」

現在のジェンダーに対する考え方は難しくなっています。それはたくさんの美しさを見出した結果なのかもしれません。

ジェンダーが2つしかないと信じる時代もありました。だけど、今は多様に。言い換えてみれば、白か黒という選択肢ではなくて、濃さの違うグレーを捉えることができているということ。そこには、派手な赤や鮮やかな青という理解の仕方だって存在します。

これは新しい考え方のようにも思えるかもしれません。でも、ネイティブアメリカンはずっと前から同じことを実践していたのです。

彼らは性別ではなく、精神で他者のことを理解していました。一説によると、5つのジェンダーを区別していたとも。従来の2つの考え方の他に、2つの精神を持つ女性と男性、トランスジェンダーの人々がいたそうです。そして、それぞれに対する言葉があったのも事実。

女性だからという理由で、やらなければいけないことはない。どんな人でもお互いに好きだったら「愛」と呼ばれる。社会的に恥じることなんてもってのほか。ヨーロッパから移住してきた人の考え方とは全く違ったのです。

2つの性別の考えを理解できるのは
「大地の創造主からの贈り物」

だから、同性愛者への差別はなかったと語られています。なぜなら、嫌悪感を覚える理由がないから。人と違うことは容認されていたし、さらには賞賛もされていたのです。

「Indian Country Today」によれば、ネイティブアメリカンの社会では2つの精神を持つ人は讃えられていたし、その家族は幸運になるとも言い伝えられていたとのこと。2つの性別の考え方を同時にできて、世界を見据えることのできた人の能力は、大地の創造主から授かった贈り物だと考えられていたようです。

例えば、彼らはシャーマンや預言者、奇術師、伝承者などの社会的に重要とされる役割を与えられていたそう。女性の体をもった2つの精神を持つ人は、狩人や戦士として性別の型にとらわれることなく、活躍していたようです。

ありのままの姿を愛し、愛される。

権力や富は男にあるべきだ、という考えの西洋人にとってはショックだったことでしょう。受け入れると、彼らのアイデンティティーは揺らいでしまうから。

だから、暴力的になり、とことん文化を壊したという考え方もできます。もしも、ネイティブアメリカンの考えが受け継がれていたら、世界はどれだけ違っていたのでしょうか。

前述のことを踏まえて言うならば、ネイティブアメリカンたちは、LGBTQの人々を否定しませんでした。むしろ、異なった考えをできるという意味で、尊敬の感情を抱いていた。

普通ではないことを非難する人がいるのも事実。結論を言うならば、どちらも理屈は通ります。だけど、考え方を少し変えるだけで、多くの人が幸せになれる方法を実践していたネイティブアメリカン。哲学的には、僕たちよりもずっと進んでいたのかもしれません。

Licensed material used with permission by I heart intelligence

関連する記事

1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?その...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
アメリカの先住民族であるネイティブ・アメリカン。彼らは自然を愛し、人を敬うことで知られています。ここで紹介するのは、「Higher Perspective...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
反人種差別をテーマにした「セサミストリート」の特別番組「The Power of We」が10月15日(現地時間)にアメリカにて放送。自分や周りの人を守る...
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
米動画配信サービス「HBO Max」がアカデミー賞作品『風と共に去りぬ』の配信を一時停止。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...