ネイティブアメリカンに学ぶ「ジェンダーフリー」

人種や宗教、ジェンダーに対する差別は、今も世界に蔓延しています。「あの人は私と違う」、「あの考えには賛成できない」、他者を受け入れられない想い、誰にでも根底にはこれに近いものがあることは否めません。

少なくともネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。

彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか。
どのように人と違うことを理解していたのか。

今を生きる僕たちにも、彼らの考え方から学べるものがあるはずです。ここでは「I heart Intelligence」の記事を紹介しましょう。

性別の枠を超えた
「5つのジェンダー」

現在のジェンダーに対する考え方は難しくなっています。それはたくさんの美しさを見出した結果なのかもしれません。

ジェンダーが2つしかないと信じる時代もありました。だけど、今は多様に。言い換えてみれば、白か黒という選択肢ではなくて、濃さの違うグレーを捉えることができているということ。そこには、派手な赤や鮮やかな青という理解の仕方だって存在します。

これは新しい考え方のようにも思えるかもしれません。でも、ネイティブアメリカンはずっと前から同じことを実践していたのです。

彼らは性別ではなく、精神で他者のことを理解していました。一説によると、5つのジェンダーを区別していたとも。従来の2つの考え方の他に、2つの精神を持つ女性と男性、トランスジェンダーの人々がいたそうです。そして、それぞれに対する言葉があったのも事実。

女性だからという理由で、やらなければいけないことはない。どんな人でもお互いに好きだったら「愛」と呼ばれる。社会的に恥じることなんてもってのほか。ヨーロッパから移住してきた人の考え方とは全く違ったのです。

2つの性別の考えを理解できるのは
「大地の創造主からの贈り物」

だから、同性愛者への差別はなかったと語られています。なぜなら、嫌悪感を覚える理由がないから。人と違うことは容認されていたし、さらには賞賛もされていたのです。

「Indian Country Today」によれば、ネイティブアメリカンの社会では2つの精神を持つ人は讃えられていたし、その家族は幸運になるとも言い伝えられていたとのこと。2つの性別の考え方を同時にできて、世界を見据えることのできた人の能力は、大地の創造主から授かった贈り物だと考えられていたようです。

例えば、彼らはシャーマンや預言者、奇術師、伝承者などの社会的に重要とされる役割を与えられていたそう。女性の体をもった2つの精神を持つ人は、狩人や戦士として性別の型にとらわれることなく、活躍していたようです。

ありのままの姿を愛し、愛される。

権力や富は男にあるべきだ、という考えの西洋人にとってはショックだったことでしょう。受け入れると、彼らのアイデンティティーは揺らいでしまうから。

だから、暴力的になり、とことん文化を壊したという考え方もできます。もしも、ネイティブアメリカンの考えが受け継がれていたら、世界はどれだけ違っていたのでしょうか。

前述のことを踏まえて言うならば、ネイティブアメリカンたちは、LGBTQの人々を否定しませんでした。むしろ、異なった考えをできるという意味で、尊敬の感情を抱いていた。

普通ではないことを非難する人がいるのも事実。結論を言うならば、どちらも理屈は通ります。だけど、考え方を少し変えるだけで、多くの人が幸せになれる方法を実践していたネイティブアメリカン。哲学的には、僕たちよりもずっと進んでいたのかもしれません。

Licensed material used with permission by I heart intelligence
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?その...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
アメリカの先住民族であるネイティブ・アメリカン。彼らは自然を愛し、人を敬うことで知られています。ここで紹介するのは、「Higher Perspective...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
“Today is a very good day to die.” この言葉は、俺の人生を2度も変えた。1度目は、インディアンネームを授かった時。2度目...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
岩が作り出す大迫力な絶景で有名な、世界遺産グランドキャニオン。まるで命あるかのように激しく移りゆく空を撮影した映像をご紹介。
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...