ネイティブアメリカンの「動物占い」が面白い!あなたはどれ?

TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?

Higher Perspective」が紹介するのは、誕生日とそれぞれの動物の特徴。友だちや恋人との信ぴょう性を確かめながら、楽しんじゃいましょう。

01.
カワウソ
1月20日〜2月19日

少し変わっているところがあるので、なかなか性格が読めないカワウソですが、思いやりもあり、正直者なところがカワイイ。解決案を導くときには、その独特な着眼点が役立つはず。

02.
オオカミ
2月20日〜3月19日

謎めいた雰囲気を醸し出す、情熱的なオオカミ。聞き上手で洞察力が高いので、周りが見落としがちな細部を拾っては感情的になることも。彼らの内部を探るのは難しい…と感じる人も多いのでは?

03.
ハヤブサ
3月20日〜4月19日

鋭い洞察力を持つハヤブサは、みんなのリーダー的存在。周りを支えながらも、決して甘やかさない彼らは頼れる存在。ただ不機嫌なときはイライラしたり、偏狭になりがちなので要注意。

04.
ビーバー
4月20日〜5月19日

ビーバーは動物たちのなかでも、策略や壮大な計画を立てることが最も得意。ウィットに富んでいて、頭もキレる。でも緊張しいであり、束縛してしまう傾向にあるのがたまにキズ。

05.
鹿
5月21日〜6月20日

鹿は凄まじいスピードで前進していく、刺激溢れる存在。彼らは周りを笑わせるのが得意で、かつ気配り上手。ただ自分のことでいっぱいいっぱいになってしまい、突然ゴキゲン斜めになることも。

06.
キツツキ
6月21日〜7月21日

愛情深いのが、キツツキの特徴。彼らは周りの話に耳を向け、状況改善のためなら、ない時間も割くでしょう。そのため、素敵なパートナーにも、親にもなり得るのです。短所は、頑固なところ。怒りっぽかったり嫉妬しやすい一面も垣間見えるでしょう。

07.
サーモン
7月22日〜8月21日

知的で創造性に溢れ、元気いっぱいのサーモン。人生をつねに楽しみたいという気持ちが強く、とてもポジティブ。ただし、大きな目標が目の前にないと鬱々しい気持ちになってしまうかも。

08.
クマ
8月22日〜9月21日

普段は手際よく静かに動くクマですが、必要に駆られると壮大な力を発揮します。友だちや家族の前でも冷静な主張ができるため、ビジネスパートナーには最適。基本的には我慢強い彼らですが、度を越えた態度はNG。

09.
ワタリガラス
9月22日〜10月22日

愛されキャラで、ビジネス関係もうまく保てるワタリガラス。生まれつきの社交性と適応性を駆使し、欲しいものをうまく手にします。

10.
ヘビ
10月23日〜11月22日

スピリチュアルなタイプと言えば、ヘビ。そんな彼らは、まるで霊界とつながりでも持っているよう。さらには医学やシャーマニズムに関連する分野に長けているとされています。

11.
フクロウ
11月23日〜12月21日

一見、当たり障りなくやわらかいように見えますが、急に刺々しい態度に切り替わるので、行動パターンが予測しづらいフクロウたち。思慮深いように見えて、向こう見ずな行動に出ることもしばしば。

12.
ガチョウ
12月22日〜1 月19日

成功したい気持ちが強いガチョウは、失敗からもすぐに立ち直れるタイプ。根っからの平和主義者である彼らはモチベーションも高く、様々な分野で実力を発揮できるでしょう。

Licensed material used with permission by Higher Perspectives

関連する記事

ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?その...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
「占いをもっと気軽にたくさんの人に楽しんでもらいたい」との想いから始まった人気占いイベント「占いフェス」が、今年は7月7日〜12日、「占いフェス at h...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
アメリカの先住民族であるネイティブ・アメリカン。彼らは自然を愛し、人を敬うことで知られています。ここで紹介するのは、「Higher Perspective...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
なんだかちょっと疲れたな、という人は、これから紹介する動物たちの動画を見て、ほっとひと息ついてみては。猫がドミノしたり、モルモットがポッキーゲームしたり、...
離婚する夢の意味とは?夢占いの専門家が、離婚の夢について、人やシーン、心理、原因別に解説。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
世界初の恋愛サポートプロダクト!“遺伝子検査”と“占い”による新しいかたちの恋愛診断ツール「愛カギ(aikagi)」が誕生した。
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...