アメリカ先住民から学ぶ「10の教訓」。自然との共存、シンプルな生き方

自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ketler氏が「Collective-Evolution」で紹介しています。
満天の星空の下で読みたくなる名言集。彼らの言葉が心に沁み入るはず!

shutterstock_108643298

ヨーロッパの人々がアメリカ大陸に到達する以前、およそ120万人から1,200万人のアメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)が、広大な大陸に住んでいたと推定されています。しかし、彼らの多くは虐殺や、ヨーロッパから伝わった感染症によって帰らぬ人となり、さらには奴隷となり、自殺する者もおり、約25万にまで減少したようです。
大きな悲劇というだけでなく、有史以来ひとつの民族に対して起こった、最も破壊的な歴史だと主張する学者もいます。しかし、この悲劇に注目する人は、ほとんどいません。それはなぜなのでしょう。

彼らは、ただ殺されていっただけでなく、習慣、伝統、精神の多くも同時に奪われていきました。もしかしたら、ここに大量虐殺のもう一つの理由があるのかもしれません。
彼らは本当に母なる地球とつながり、調和して、“地球の守り主”と自ら主張するように生きてきたのではないでしょうか。彼らの思想の礎に、「地球の上をそっと歩くように、バランスと調和を大切にして暮らすこと」というものがあります。より多くのネイティブ・アメリカンが今日生きていたならば、現在のように地球は混乱を招いていなかったかもしれません。
彼らから学ぶ、古代の精神的な教えは、現代を生きる我々の生活にも活かされることが多分にあるはずです。

アメリカ先住民
「10の教訓」

shutterstock_250236022

 「偉大なる精神は、全てのものに宿る。それは私たちが呼吸する空気にも。偉大なる精神は私たちの父であり、地球は私たちの母。彼女は私たちに栄養を与える。地面に置いたものはみな、彼女が私たちに返してくれる」Big Thunder (Bedagi) Wabanaki Algonquin
「大切な最初の一片に気がついた時、人々の魂の中に瞬時に入り込んでくるものだ。宇宙とその全ての力を持つものとの調和、それに気づくとき、宇宙の中心に偉大なる精神が宿っていることを認識するだろう。それは、私たちの心の内にあるものだ。- Black Elk - Oglala Sioux
 「最後の木が枯れ、川が汚染され、最後の魚が釣り上げられてはじめて、人間はお金を食べることができないことに気がつくものだ」Cree Indian のことわざ
「勇気を持って進め。疑問があるときは、じっとその場で待つこと。勇気を持って前進するためには、疑問があってはならない。だから、長い霧があなたを包み込んでいる間は、じっとしていよう。太陽の光が降り注ぎ、霧を晴らすまでは、じっとしていよう。必ずそうなるから。そして、勇気をもって行動するのだ」Ponca Chief White Eagle

shutterstock_281186969

「地球はあなたの両親からあなたへと与えられたものではない。あなたの子供があなたに貸し出したものだ。人は祖先から地球を継承するのではない。子供たちから借りているのだ」ネイティブ・アメリカンの諺
「人類は生命の網を織ってはいない。我々は、その中のたった一つの糸。網に対してに行うことは全て、自分自身に行っていることだ。全てのものは、結合していて、全てのものがつながっている」Chief Seattle
「きらめく星々に、あなたの悲しみを遠くへ運んでもらおう。野に咲く花の美しさであなたの心を満たしてもらおう。溢れる希望に永遠に涙を拭ってもらおう。そして何より、沈黙に力をもらおう」Chief Dan George
 「白い兄弟は、文明化するためにこの地に到着したが、それまで私たちは、刑務所も持っていなかった。なぜなら何の非行もなかったから。ドアに鍵することもなかったのは、泥棒がいなかったからだ。誰かが馬やテント、毛布を買う余裕がないなら、みなが分け与えた。文明という名の所有物に重要性を感じないほどシンプルな暮らしだった。お金の種類を知らなかったから、人間の価値も富によって決定などしなかった。もちろん、お互いを騙すことはなかったし、書面による法律、弁護士、政治家もいなかった。今になってしまうと、白い兄弟が到着する以前、我々が独自に秩序を保ってきた方法を、どう説明していいかさえ判らなくなってしまった」  John (Fire) Lame Deer Sioux Lakota 

shutterstock_134967752

「偉大なる精神よ、私は常に他人と話すときは、静かに真実を話し、心を開いて聴きます。そして、沈黙の中で見つけ出す平和を心に思い描けるよう、助けてください」Cherokeeの祈り
「平和と幸福はすべての瞬間にある。平和はすべてのステップだ。手をつないで歩いていかなければならない。精神的な問題への政治的解決策などありはしない。覚えておいてほしい。創造主が定めた位置、それが正しい場所だということを。目に涙がなければ、魂に虹があるはずがない。移動してはいけないと約束していたのに、我々は5回も移動してしまったことを、仲間に伝えなくてはならない」An Indian Chief

愛を込めて。

Licensed material used with permission by Alanna Ketler via Collective-Evolution

アメリカの先住民族であるネイティブ・アメリカン。彼らは自然を愛し、人を敬うことで知られています。ここで紹介するのは、「Higher Perspective...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
オーストラリアに暮らす先住民にとって、聖地と考えられてきた「ウルル」。通称「エアーズ・ロック」。ここへの登山は、2019年から禁止されました。この記事では...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...