社会人1年目で知っておくべきだった「人生の教訓」5つ

あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは人生においてもかけがえのない日々だったはず。

ライターのアンナ・メンタさんが「ELITE DAILY」で紹介しているのは、 大学卒業後の社会人ライフを充実させるための方法です。どのように世間の荒波に適応していけばいいのでしょうか?

01.
なかなか意見を
聞いてもらえない!

E1021f4eb7f9c3eaf4c4abc198c4f90f88d0a1cc

学生時代、教授はあなたの意見をとても気にかけてくれたかもしれません。わざわざ意見を求めてきたこともあるでしょう。しかし一歩社会に出流と、あなたの意見やアイデアが注目されないことも多く、落ち込むことも。

はじめのうちはとてもつらいものですが、良い教訓になります。これはなにも自分の考えをシェアするなと言っているわけではありません。学生時代よりも、話を聞き、待つ姿勢も大切にするべきです。

不本意かもしれませんが、周囲の人はあなたにメリットを感じれば、話を聞いてくれるようになるでしょう。

02.
荒れた食生活を
していませんか?

学生時代、自分の食事について考えたことはほとんどありませんでした。私はただ、テーブルに出されたものをひたすら食べていただけ…。

それには「たくさんの栄養が摂れる」という良い面があるものの、いざ社会人になった時、どのように料理や買い物をするのかまったく分からないというマイナス面もあります。

私はすぐ、食生活を改善すべきだと学びました。当時は暴飲暴食をしていて、体調が優れなかったのです。いまでは興味がなかったサラダの魅力も分かるようになり、ルッコラやヤギのチーズについて熱弁できるほどのサラダ好きです。

03.
友達を作るのが
意外と難しい…

5c91606d872fda6f2f52a697378cee04cc39d386

学生時代は比較的友達をつくるのが簡単だったはずです。私の場合、週末になれば一緒に遊べる友人が、最低でも3人はいました。いつも何かイベントごとがあり、ひとりになるほうが難しかったくらいです。

しかし社会人になると、そう簡単にはいきません。確かにイベントはあるんですが、お金や時間、労力もかかるし、仕事の疲れがとれず参加できないこともしばしば。

もし社会人のあなたが新しく友達をつくるとしたら、それなりの努力が必要になります。しかしそのおかげで、以前よりも「価値ある友情関係」に気づくことができました。

04.
仕事は
あなたの人生そのもの

2a91d2936367045523bdf109a298a5def9a419e2

地獄のような勉強を乗り切って、学期末テストやレポートから解放される瞬間は、とても素晴らしいものでした。

しかし社会人の場合はそうはいきません。仕事とプライベートをはっきり分けることは難しく、あなたの目の前に無限に広がっているのです。

これは、私の考え方を根底から変えました。膨大な課題を徹夜して終わらせれば良かった学生時代とはワケが違います。なぜならもう、「テストが終わったら2週間はダラダラする!」なんて、できないんですから。

その分、「仕事に対する心構え」は、もっと健康的で節度のあるものになりました。

05.
結婚する人がいても
特に気にしない

これは事実!いちいち周囲の人の結婚に「一喜一憂」していたら、それだけで疲れてしまいます。あなたは、あなたです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
社会人経験が長ければドッシリ構えて対処できるような悩みも、新入社員となれば初めての経験ばかりで、逃げ出したくなることも多々あるでしょう。ここでは、経営コン...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
明日からでも、やめましょう。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
個人的には、1項目目からグッとくる内容。当たり前と言われればそれまでかもしれませんが、改めて身の引き締まる思い。ライターNicolas Cole氏からのメ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...