子供に教える「人生の教訓」は、大人だって学ばなきゃいけない。

私たちは自らの経験を踏まえ、子供たちに色んな教訓を教えます。それは、子供たちの成長を思ってのことですが、時に「自分もその教訓に沿って行動できてる?」って自問することも。例えば、晩御飯が食べれないからおやつはダメ、と言っても自分は間食していたり。

YourTango」に寄稿している子育てブロガーNatalie Blaisさんが、子供に教えていることは、大人になっても響くものが多いと述べています。

256ea3081cfec363b689c3cf3723bd3e7bf92a79

私には10歳になる娘がいます。彼女は今、色んな経験をしては、竜巻のように感情が溢れ出ています。そして私はそんな彼女を、母親として見守っています。

彼女の感情の嵐は、とても人間らしい行動だと思います。私も母親として、彼女が今後もっと素晴らしい人生を歩んでほしいと願います。でもこれから社会へ出ていくと、もっと大変な思いもするでしょう。だから、社会の荒波に揉まれる前に、娘に教えようとしている教訓は、実は私も大人になるまで信じなかったようなものだと気付いたのです。

01.
「決して、みんなとは
友達になれないのよ」

8ee9688421ee37241019e02e4a1585c51ec93c91

私だって、みんなと友達になろうしました。でも、友達になれるとでも思ってるの?と嫌われることがありました。

このような経験から学んだのです。「みんなに親切にすることはできる。けれど、自分が嫌う人の噂を立てることだけはやめましょう」と。もし、誰かに嫌われてたなら、そのまま離れていくのが懸命です。

02.
「みんながあなたのことを
好きなわけじゃないの」

E563cb506508ffd0e6838e7eb2af86ce56486daf

子供にはとても辛い現実かもしれません。特に、お家で愛されて育った子ならば、より疑問視するかもしれません。

たとえ、素晴らしく優しい人で多くの人に愛されていたとしても、必ず一人ぐらいは、その人のことを馬鹿馬鹿しい理由で嫌いになるのです。

理不尽な理由をつけてあなたのことを嫌うような人を見かけたなら、“みんなに好かれる必要はない”と思っていれば大丈夫なのです。

03.
「イジワルされるのは、
あなたが悪いわけじゃないの」

永遠の悩み。人は、時に残酷になれるのです。特にあなたが優しいのなら、人がどれほど残酷になれるかは、なかなか理解できないでしょう。

04.
「ルックスが全てじゃないのよ」

D3fa094aab24ec87820b99e57564bb2bc0e4e94e

あなたがもし、自分の友達のルックス、服装、持ち物などで友達をバカにし始めたら、それは、友情の可能性を狭めているだけです。私も残念なことに、20代後半になって気づいたのです。

私の大事な友達はみんな、体型や年齢、肌の色、ライフスタイルも様々。私の娘たちにも、このようにいろんな友達と人生を過ごしてほしいですし、いろんな人との出会いを待ち望んでほしいのです。

05.
「幸せであることが、
とっておきの美しさ」

無理に笑顔を作ることだってあります。だって、無表情のロボットだって思われたくないもの。時々、私の母がとても幸せな表情をしていたのを思い出します。彼女がどんな状況であっても、どんな格好をしていても、とても楽しそうにしていたのを覚えています。

フォトショップで何でも変えられてしまう、このご時世。小さな女の子に、自分自身に幸せを感じて、安心することを説得するのはとても難しいものです。でも私も、同じように伝えようと頑張っています。美しさは、どうしても表面的なもので判断されてしまいがちですから。

06.
「お金で幸せは買えないのよ」

7c29a65b8ce262b563e947c8c750942ac3db8f70

正直に言ってしまいましょう。それにはいくつかの理由があります。私も今まで、お金で物を買えば満足していましたが、結婚を機に価値観が変わりました。今、私の娘も、おもちゃの誘惑にかられ、おもちゃを手に入れることで、満足感を得ようと思っています。でもお金を出して手に入れたからって何も解決できないのです。

自分がすでにあるものに感謝すること、そして周りへの感謝を、母親として教えなければいけません。お金で恋の悩みを聞いてくれる友達は買えないのですから。

Licensed material used with permission by YourTango
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
旅には、人生が凝縮されています。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
一緒に買い物にでかけたりと、仲良がいい母と娘って様々なことを通じて見かけることができる。が、親密な関係を面白さで表現したある親子が。お母さんが娘のインスタ...
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。