旅は大切なことを教えてくれるけれど、本当に人生を変えてくれる?

心の中に、いつも残っている言葉がある。

世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。

ーー哲学者、アウグスティヌス

私(女性ライターAitana Cardoso)は赤ん坊の時から、親の仕事の都合で一年以上同じ国に留まることがなく、世界を転々としていた。新しい文化や言語を学び、友人や恋人を残して、大変なこともたくさんあったけれど、 旅をするように生きてきたからこそ、学んだ8つの教訓がある。 

01.
「成功するまで」やり続ける

71a7b79ffd3d19e08a2ea56939ba5e66e5677414

人生設計にもっとも重要なことは、持続可能なビジネスを始めることや、恵まれない人々を雇用すること、世界一周をするといったスケールの「目標」ではない。それを、とことん「追求する」ことだ。

調査やリサーチは十二分に行って、計画を立てることに時間を惜しんではいけない。目指すものが具体的になったら、そこで初めてサポーターを募るのもいい。けれど実行するときは、彼らの心を惹きつけるパワーを持っている必要がある。

それが出来れば、人々の興味はあなたへと向かい、成し遂げられる世界に変わっていくはずだから。

02.
野心を"慢心"に変えてはいけない

野心をもつのはいいことだし、人の心を惹きつけることでもある。けれど、それが「うぬぼれ」や「他人を見下す」ことにすり替わってしまっては、あまりにもったいない。

物事をもっと、フラットな視線で見ることができるように、ワンランク上に自分の意識を向けること。他人よりも強く輝くためではない、あらゆる視野を広げる努力を。

03.
悩むより進め!

F01118af19374ec91c1fc20075b22887a1a2f486

他人から踏みつけられ、地面に倒れこむような気分のときもある。それでも、立ち上がる方法さえわかっていれば、怖いものなんてない。

『不思議の国のアリス』に登場する、こんなやりとりのように。

アリス:「どっちの道に進めばいいのか教えて」

猫:「それは、君が行きたい場所次第だね」

アリス:「行きたい場所なんてないわ…」

猫:「それなら、どっちに進むかは重要なことじゃない」

04.
迷いは「逃げ」につながる。
が、逃げずにそれを乗り越える

あなたが成長へと続く道の半ばにいるのならば、困難を避けることはできない。この目標でいいのか、この道でいいか、考え込んでしまいそうになっても、その「迷い」は目の前の壁を壊してくれるわけではない。結局、理由をつけて逃げようとしているだけ。 

「こうしたらどうなるか」 、「こうすれば良かった」 、「こうすることもできたのに」 などといった不安や後悔を振り払って前に進むことでしか、結局のところ答えは見つけられないのだから。

05.
自分の可能性は、
自分だけが知っている

いつまでだって、高みを目指す権利がある。社会からの期待や意見を気にするのはやめたほうがいい。もしも誰かが、あなたの可能性を探そうとする姿勢を邪魔するならば、ただ疑念に迷い、自信というエネルギーを奪い去るだけ。つねに自分と対話する時間を大切にしよう。

06.
「日記」は偉大なもの
人生の道しるべに

どこに行くときも日記をあなたの必需品に。しぼりたての気持ちを、そのまま記録できるそれは、今の人生に不安を感じたときに必ずあなたを救ってくれる。

なぜなら、日記は自分だけのもの。自分と他人を比べることはないし、テレビやSNSから入ってくる他のどんな情報源よりも、信頼できるものだから。

07.
すべての人に敬意を持つ

2675f04edc8cab830b23bcb7930459bca10646f7

なにも「いい人になれ」と言ってるわけではない。出会ったすべての人は、何かしらあなたに気づきを与えてくれるもの。人生とは、あなたに最も貴重な教訓を与えてくれる、学校のようなもの。

08.
リアルで"つながる"こと

なるべく隣に座っている人と会話をしよう。人見知りの克服にも、困ったときに知らない人に話しかける練習にもなるから。

私は電車で隣の席になった女性と意気投合して、旅を終えた後、彼女に会うためだけの目的でサンディエゴを訪れたことがある。そして、かけがえのない親友になった。困ったら、声をかけてみる。素敵な出会いは、すでに始まっているということに気づかなければ。

結局、「旅をすること」で
人生は変わる?変わらない?

B5c7e4908cce801c1c901fa7bd9bd7200313b2d9

この「Elite Daily」の記事で彼女が語っているように、旅は人生に重要なことを教えてくれる、偉大なもの。けれど「勝手に自分を変えてくれるものではない」と、読者のみなさんは思わないだろうか?少なくとも私はその考えのひとり。

参考書を読んだからって、勝手に頭が良くならないのと同じ。やっぱり重要なのは、「読む」ことじゃなく「実践する」こと。Aitanaの成長も、もしかしたら学んだことを実践に移したからかも。そのキッカケにあったのが「旅」だった…。なんて、ひねくれてるかもしれないけどね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
旅には、人生が凝縮されています。
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...