「父の死」をきっかけに気づいた、人生で本当に大切なこと

誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時代に父親の死を経験した女性ライター、Kelly Weatherwaxさんが「Elite Daily」に綴ったコラムです。

彼女の経験は、自分の身の回りにある「小さくも大切な存在」に気付かせてくれる普遍的なものでした。

Ed70a1ce95e0200bf807a03e1d78dc6f826e8905

それは雪のふる感謝祭の朝の出来事でした。

「ボブ、起きて!」と叫ぶ母の声に起こされました。眠い目をこすりながら猛スピードでベッドから飛び起きて、恐ろしい出来事が起こったことに気付いたのです。

両親の部屋に駆けつけると、母が父の体に覆いかぶさるようにして、むせび泣いているのが見えました。父はまるで寝ているようでしたが、そばに駆け寄ると紫色に変色していて、死んでしまったのだとわかりました。妹はベッドのそばで泣いていて、弟はパニック状態で911に電話をしていました。

父の死は早すぎました。救急医療隊員が到着しても、母は父の死を受け入れることができず、何かの間違いだと信じているようでした。

救急車に乗ると、救急医療隊員は父を器具に乗せて心臓マッサージを繰り返していました。心臓発作でした。父はまだ43歳で、21歳、18歳、14歳、10歳の子ども4人と母を残して逝ってしまったのです。それから今、ようやく6年が過ぎました。

笑顔でいられなくなったとき、いつもその一瞬一瞬を思い出します。一度どん底に落ちた経験から私は「人生で本当に大切なこと」を学んだのです。

01.
人生で出会うすべての人、
ものへの感謝の気持ち

Bb559b8b90d84fec0867b46c1be6459866e3d862

とてもありきたりに思えるかもしれませんが、大切なことです。毎日会ったり、話している身近な人に感謝する気持ちは忘れがちですが、みんな永遠に生き続けるわけではありません。いなくなってからでは、遅いのです。大切な人に感謝の気持ちや愛情を伝えましょう。

ものだって同じです。人生は変化します。気がつくと大切なものがなくなっていることがあるかもしれません。いつもあなたの周りいる大切な人やものに感謝する気持ちを忘れないように。

02.
とにかく
やってみること

失敗を恐れず、とにかくやってみることです。何事も待っていては始まりません。とにかく人生は、勇気を出して前に進むしかないのです。

負の感情に打ち勝ち、人生を自分でコントロールするには、とにかくやってみることが大切です。

03.
親身になって
支えてくれる人の
ありがたさ

D46cb2d06ee198f909837b498879ddc7d586701e

友だちや家族、そのとき周りにいてくれた大切な人々の存在なしに、あの苦しい経験を乗り越えることはできませんでした。

親友、あるいは兄弟姉妹、あるいは恋人か、それが誰かは人によって違いますが、親身になって支えてくれる人がそばにいてくれるのは、とてもありがたいことです。

逆にあなたを危険にさらすような人との関係は、避けるようにしましょう。あなたの気分を落ち込ませてしまうだけですから。

04.
「感じる」ことの大切さ

人生のなかで、限界を感じてしまうことも多いかもしれません。物事がどんどん悪い方向へ向かってしまうのではないかと不安になると、身動きすらとれなくなり、感情のスイッチもOFFになってしまいます。でも気付いたんです。謙虚でいながらも大胆な挑戦をやめないこと。そうしていくことで、成長していける、と。

悲しい経験から何年もの月日が経ち、振り返って思うのは、あの経験が私を強く、謙虚で、勇敢にしてくれたという事実。あの時感じた心の痛みが、今の自分を形成する柱となっている。これからも、きっとそうなると感じます。

05.
人生の節目に
ある人と巡り合った意義

9f3a9dc569b363353aae4022b2a4032cb8e375f8

人はいつか必ず死を迎えます。突然、あなたの人生から去って行くことになる人もいるでしょう。それでも、忘れないでおきましょう。人生で出会った人々は、必ず何かしらの意味を持ってそこに存在していたのです。

06.
今という時間の「尊さ」

ぬるま湯のような生活をしていたとき「生きている」ことの素晴らしさなんて感じたことありませんでした。でも父の死をきっかけに、こんな生活を続けるのはやめようと思ったんです。些細なことでも丁寧に、一瞬一瞬を大切に生きていこう、と。

私は大学2年生になる夏に、ニューヨークへ行く決心をしました。まるで滝から飛び降りるみたいに勇気がいる決断でした。

大切なことは、そういう行動や経験が、私を前進させたということ。すべての思い出はきっと永遠にあなたのなかで生き続け、人生を前へと進めてくれるでしょう。

人生は誰にだって一度きりです。目一杯楽しみましょう。辛い思い出だけで、あなたの人生を壊してしまわないようにしてください。

Licensed material used with permission by Elite Daily
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
「モノに溢れた豊かさは、本当の意味での幸せではない」。父の死を乗り越えるため、自分への試練を課したライターAssya Barrette氏。200日の経験か...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
旅には、人生が凝縮されています。
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...