人生が終わる18時間前に結婚した花嫁が、教えてくれたこと。

もし、あなたの人生に残された時間があまりなかったとしたら、なにをしますか?最後に叶えたい願い、それはなんですか?

感動のストーリーとして世界中に拡散した、米コネチカット州出身のHeather Mosherさんの場合、愛する人との結婚でした。

愛する人と「誓いの言葉」をかわす
(死の18時間前だとしても)

ベッドのうえでガッツポーズをしている女性。彼女がHeatherさんです。そして写真は、彼女が息をひきとる18時間前に結婚式をあげた時のもの。

この瞬間にだどり着くまで、彼女には様々な戦いや葛藤がありました。

結婚相手のDavidさんとは、2015年にダンス教室で出会ったそう。そしてすぐ、ふたりは互いに離れることができない存在になっていきました。交際は順調にすすみ、翌年、DavidさんはHeatherさんにプロポーズする決心をします。しかし、「Independent」によると、まさにその同日、Heatherさんは乳がんだと告知されました。

結婚式は、1年ほど前からふたりが約束して計画していたものでした。しかし、がん細胞が脳に転移するなどHeatherさんの病状が悪化していたこともあり、医師のすすめで予定日より前倒しで式を挙げたそう。

5194421293285376

結婚式当日、Heatherさんは愛する家族や親しい友人に囲まれながら愛するDavidさんと誓いの言葉を交わしました。写真を撮ったのは、Heatherさんと最も仲が良かった友人のひとりでブライズメイドとして參加していたChristinaさん。

集まった参加者全員の前でカメラを向けることは、正直ためらいがあったという彼女。けれど、自分自身もHeatherさんと過ごせるのは「もしかしたらこれが最後かもしれない」と感じるところがあり、この瞬間を写真におさめることを決心したのだそう。

というのも、結婚式の前、Heatherさんに付き添い毎日会話を楽しんでいましたが、式ではほとんど動くことも喋ることもできなくなっていた彼女の姿を見たからだと言います。ChristinaさんだけではなくHeatherさんの家族も、彼女と「さようなら」をしなければいけない時は近いかもしれない、と悟ったというのです。

彼女が最後に振り絞った言葉、それがDavidさんへの誓いの言葉だったと言います。

「きっと、結婚できるまで一生懸命我慢していたと思うんです。それを達成した時、彼女のカラダはきっともう耐えきれなくなってしまったのだと思います」

とChristinaさんはこう語ってくれました。

Heatherさんは、医師も驚くほど当初の予想より長く生きたということです。信念を貫き、彼女は最後の最後に自らの夢を叶えることができました。そこには本物の愛があったからこそ…。

もう一度問います。

もし、あなたの人生に残された時間があまりなかったとしたら、なにをしますか?最後に叶えたい願い、それはなんですか?

答えがわかっていれば、すぐにでも始めるべきかもしれません。

Heatherさんから教わったことは、時間は有限だからこそ、自分が何よりも大切にしていることをなんとしても叶えるということ。それこそが、人生を輝かせるキーなのかもしれません。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Reference: Independent
Licensed material used with permission by Christina Lee Kara
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
多くの人にとって「結婚」は、人生最大の出来事のひとつだと言えるかもしれません。人生にはさまざまな節目がありますが、結婚までの時間も本当にかけがえのないもの...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...