学校では教えてくれない、人生に不可欠な「6つのルール」

ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教えてくれることは人生の「一側面」としか言えなくなっているのではないでしょうか。

Higher Perspective」の記事より、学校では教えてくれないけど、覚えておきたい人生のルールを紹介します。

01.
自分をしあわせにできるのは
「自分だけ」

8ec5b0618ccd6dcfe144ba1088427648c366c35b

小さいころは親や先生の言うことを聞いてさえいれば「しあわせ」になれるように感じるかもしれません。でも、本当に自分の人生に責任を持てるのは自分だけなのです。自分以上に、自分のことをしあわせにできる人はこの世に存在しません。

もちろん「この人と一緒にいるとしあわせ」と感じることもあるとは思いますが、その人と一緒にいることを選んでいるのも「自分」なはず。他人があなたのしあわせを第一に考えて、そのために本当に適切に動いて、決断をしてくれる、なんてことはないのです。

「いつか私をしあわせにしてくれる人が現れる」なんて期待は、間違ってもしないこと。

02.
周りに依存しない
「自立」を学ぶ

人は、自立してこそ本当に自分の人生を楽しむことができます。誰かに依存したまま生きていると、自信を持って人と接することができなくなりがち。自立していてこそ人と接するときも自信を持って対等に、協力関係を作ることができるのです。

就職しても親元を離れられない、恋人が自分のことだけ考えてくれないと不安など、相手への依存心からそんな気持ちになっていたら要注意。あなたが自立してこそ、人との関係もうまくいくということを肝に銘じましょう。

03.
「情熱」があなたを
次のステージへ連れていく

Cd46470ed0f7b3c5c43e02d8895b1763a1881c12

自分の人生に情熱を持っていれば、その情熱があなたを新しいステージに連れて行ってくれます。そこには、今まで知らなかった、だけどとてもワクワクするような新しいものが待っているかもしれません。

毎日を淡々とこなすのと、大好きなことに情熱を注いでやるのとでは、大違いです。情熱を持って生きていれば、他の人には成し得ないようなことだってできるのです。

自分の本当にやりたいと思えることでなければ、情熱を持つことはできません。それは、あなたの心の奥底から出てくるものです。本当に大好きでたまらないことを見つけましょう。

04.
「新しいこと」を
始めよう

のんびり過ごすのも魅力的にですが、やりたくてたまらないことや、初めてのことに取り組む予定を入れておくと、新しい刺激もあり、充実した毎日を過ごすことができます。自分だけのプロジェクトをつくって、すてきな体験をしてみましょう。

やりたいことやアイデアがあるなら、どんどんやってみましょう。

05.
チャレンジすることが
「センス」を磨く

06612566ecf4206ff38dab95c386b93415261397

チャレンジによって身につく「対応力」は、周囲の環境を受け入れやすくなることにつながります。

アウトドアが好きなら新しい場所にハイキングしてみたり、川でカヤックに挑戦してみるのもいいかもしれません。こういったチャレンジがあなたのセンスを磨いてくれるのです。

06.
「疑問や質問」は
ウェルカム

納得のいかないことがあったら、疑問を持つことも重要です。人は学ぶ欲求から逃れられない生き物なので、質問をするのは恥ずかしいことではありません。

学校ではルールに従うことが重要視されて、ルール自体に疑問を投げかけることはいけないことのように言われています。でも、実際の世界はそうではありません。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えて...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
僕たちは、誰でも旧友を持っている。学校で一緒だった友だち、職場が一緒だった友だちなどだ。歳をとると旧友と会う頻度が少なくなったという人は多いのかもしれない...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
シリコンバレーの有力企業が能力向上トレーニングに取り入れる「マインドフルネス」がビジネスの現場で注目を集めています。このマインドフルネスを教える大人の学校...
ゲームにルールが存在するのは、プレーヤーを縛るためではなく、ゲームに緊張感のある面白さを与えるためである。じゃんけんでも、サッカーでも、もちろんドラクエで...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...