学校では教えてくれない「計量スプーン」の選びかた

普段料理をしない人がレシピ本を開いて「いざクッキング!」となったとき、手に取るのが計量カップや計量スプーンだと思うんです。レシピに書かれた分量をしっかり計るため。分量はたしかに重要。では、そのためのキッチンツール、どう選んでますか?

ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。「安けりゃいい」と、適当なものを買ってしまうと、逆に調理の際に手がかかってしまうんですよね。

計量スプーンはじつにさまざま
何を基準に選べばいい?

大さじ、小さじのみならず、大さじ1/2、小さじ1/4、少々など、じつはメーカーによって基準がさまざま。大さじ、小さじだけが使えるものもあれば、細かな分量まで計れるよう、何種類もスプーンが用意されたものも。

1本あれば事足りるようにと、スプーンの内側にいくつもラインが引かれ、分量を図るものや、分量を切り替えるためのスライド仕切りタイプも。これだともう、選ぶ側はどこを基準にすればいいかすら、わからなくなってしまいますよね。

でも、本当のところ重要なのはこちら。

こだわるべきは、分量よりも「形状」

©Ambient Ideas/Shutterstock.com

料理に従事する私たちがオススメするのは“立つ”計量スプーン。もっと言えば自立するタイプです。形状を説明すれば、スプーンの背が平たくなったもの。

では、なぜこのタイプがいいのか?

それは片手が塞がることなく計量できるからです。お菓子やケーキをつくる際、わずか数グラムでも仕上がりに差が出るほど繊細なもの。そのため、すりきりがしやすく、こぼしにくいといった利点がたくさん。調理がぐっと楽になりますよ。

Top image: © Iryna Melnyk/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
〈15.0%〉のアイスクリーム用スプーンです。熱伝導率の高いアルミニウムを使用しているため、スプーンを握った手から熱が伝わり、冷凍庫から出したばっかりのア...
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。け...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
実はこれ、食品サンプルではないんです。
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...