料理上手が「ザワついた」キッチンツール

料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。

どれも注目度が高かったコンテンツをまとめてみました。

01.
皮を剥くだけのピーラーなんてもういらない

フランス製の皮むき器「L'econome」。一般的なものは平刃部分で皮を剥いていくことが主な用途だけど、こちらは野菜のヘタや芯とり作業までラクラク。ゆえにプロの料理人らも愛用する一品。

→詳しい記事はこちらから。

02.
折り紙のような計量スプーン

使いやすく、洗いやすく、収納しやすい、なぜなら「Polygons」は折り紙のように形を変える、平らな計量スプーンだから。テーブルスプーンとティースプーンそれぞれを1/2〜2杯分まで4段階で計れる仕様。

→詳しい記事はこちらから。

03.
レンジでもふにゃらない
カリカリ仕上がり

トースターがなくても、ガスコンロがなくても、電子レンジさえあればいつでもカリカリごきげんのトーストが焼けると評判のスイスダイヤモンド「Bake it!」。好みの具材をはさんでホットサンドも◎。

→詳しい記事はこちらから。

04.
新発想、転がして切る包丁

モントリオールのメーカーが、世界初のローリング式ナイフを開発。転がしながらカットする包丁「bolo」です。まな板に沿わせるように食材の上を転がします。これだけでスパッときれいに切れる様子が動画からも伝わってきます。しかも、包丁の柄ではなくこちらは“グリップ”式。

→詳しい記事はこちらから。

05.
まな板の上でグラム計量

製品化を待つ声が世界中から殺到したことで、大きな話題となったこのまな板。実際、コンセプト段階からその先に進んだのかどうなのか…。これは、便利だと思うけどなあ。

→詳しい記事はこちらから。

ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。