もう手放せない!料理用「3本目の腕」

料理中に宅配便が届いた時や、そもそも同時に何品か作らなければならない時、誰か手伝ってくれないかなぁなんて思いますよね。

先日、比較的早めに仕事が終わり、久しぶりに自炊をしていた時のこと。
高いとは思いつつスーパーで白菜を購入し、クリームスープの調理開始。平日夜の日課である洗濯をしながら料理をしていると、煮込み段階で洗濯機に呼ばれました。ここで一旦鍋の火を止めればよかったものの、横着な僕は「超特急で干そ〜」くらいの軽い気持ちで、火をかけたまま「料理」から「洗濯」モードへ。すると案の定、焦げっぽいベーシュ色のスープに……。

猫の手はいらないけど、人の手はほしい。

と思っているところに、こんなキッチンツールが!

自動でクルクル混ぜる
便利な「腕」

Photo by üutensil

この三つ足が広がる「STIRR」は、ご覧のとおり、自動で鍋の中をかきまぜてくれる自立式のキッチンツール。充電式ではなく電池式です(単三4本)。説明書を読む必要がないくらい、使い方もわかりやすいですよね。かき混ぜる速度は3段階。重ためのスープなら最速スピード設定にするのがいいのかも

Photo by üutensil

高機能なキッチンツールを買うと、説明書が分厚かったり、充電用のコードがかさばったり、うれしい反面なんだかんだ細々とした面倒なことも多い。だけど、これはシンプルでいいかも。ただただかき混ぜるだけなんですけどね。

Photo by üutensil

これなら、鍋から少し目を離しても問題なさそうだから、バタバタしがちな朝食づくりや、ホームパーティー用の料理作りにも便利そう。

というか、かき混ぜるのでさえ自動で機械にやらせるなんて、人間ってどこまでも横着ですよね〜。

ちなみにこの下の動画、「料理中に鍋から離れても大丈夫!」ってことを伝えたいのだろうけど、どこまでコーヒーを取りに行ったの?って突っ込みたくなるくらい、かなり大げさ。みなさんもぜひチェックしてみて!

Licensed material used with permission by üutensil
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?