Google元エンジニアが開発した正確すぎる「計量カップ」

レシピ通りに料理を作ろうと思ったら、計量カップは欠かせません。ところがカップによって、じつはほぼ確実に誤差が出るって知ってますか?

みんなこれまで見て見ぬフリ、そこに物申したのがJoshua Redstoneさん。この方、GoogleやFacebookで培ったエンジニア経験を活かし、「どうにかこの問題を解決できないか」と、新しいプロダクトの開発に挑戦しました。

580072f6f4705cf1c9626eb047ff67dca63bae6a

幾度にもわたる計算と試行錯誤を経て、誕生したのが「Euclid(ユークリッド)」。正確な量を計れる、と太鼓判。

計る量が少ないほど
誤差が大きいのはなぜ?

開発においてJoshuaさんが一番こだわったのは、このカタチだそう。

「従来のものは、少量を小さい計量カップで計ると誤差が少ないのに、少量を大きい計量カップで計ると誤差が大きくなるんですよ」

彼は料理をしている時、このことに気づきました。やがて、この問題に液体の表面積と液体の容量が関係していることに着目します。量が少ないのに表面積が大きいと、誤差が大きくなってしまう。そうして、量が少ないときに表面積が小さくなるよう、下に向けて細くなるカタチに落ち着いたというわけ。これだと、計る液体の量に関係なく、誤差がたったの6%に抑えられるとか。

Eefb6ce648a670ec1609f8359f5c0b3c7a728f80

下の部分は持ちやすいグリップになっているので、取手もなくスッキリで洗いやすいカタチになのも好印象。側面が半円のようなカタチになっているのも、さらなる正確さを追求するためです。従来の計量カップのように、淵には注ぎ口が付いているのも便利です。

さらに、小さい単位なら1オンスや1mlの単位まで計ることも可能だというから、お菓子やケーキ作りにおける、細かな分量にも対応できそう。

使った数式は…

9270627ef829c82c2efbc9e457af8380a7143716

これだそう。人の目に透明な容器の中の液体がどのように見えるかを計算するという、正直どうやって導き出したのか皆目見当がつかない計算式です(笑)。

ちなみに、開発には4年もかかったとか。計算に苦戦したことに加え、使いやすい計量カップのカタチをデザインするのにも一苦労したため。それでもJoshuaさん。

「数式を元にデザインされたものが本当に製品化出来るなんて、信じられないよ!」

とすっごく楽しそう。

Kickstarterで資金を集め、目標の30,000ドルに対して370%以上の額が集まりました。一般発売は2018年開始予定。こんなことを真剣に追求してしまう彼の純粋な探究心、あっぱれですね。

Licensed material used with permission by EQUATINE LABS
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
使いやすく、洗いやすく、収納しやすい。そんな三拍子そろった、魔法のような計量スプーンが登場。これさえあれば、大さじと小さじを使い分けなくともひとつで事足り...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
独断と偏見でピックアップしました。
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
ビデオドラッグという表現を思い出した。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...