元Googleエンジニアが開発した正確すぎる「計量カップ」

レシピ通りに料理をつくろうとすれば、計量カップは欠かせません。ところがモノによって、微妙な誤差があるんだそうです。知ってました?

みな、これまでは見て見ぬフリ。そこに物申したのがJoshua Redstone。この方、GoogleやFacebookで培ったエンジニアとしての経験を活かし、この「誤差の解決」に挑む、新しいプロダクトの開発に乗り出しました。

計る量が少ないほど
誤差が大きいのはなぜ?

膨大な計算式と試行錯誤を経て誕生したのが<Euclid(ユークリッド)>。きっちり正確な量を計れる、と本人は太鼓判です。

開発においてJoshuaがもっともこだわったのが、カタチだそう。彼は、調理の際に計量カップのある欠点に気づいたそうです。

「従来の計量カップの場合、少量を小さいカップで計れば誤差は少ないのに、少量を大きなカップで計ろうとすると、誤差も大きくなっていました」

この問題が液体の表面積と液体の容量が関係していることに着目した元エンジニア。計る量が少ない場合は表面積も小さくなるよう、容器の下に向かって細くなるという、これまでの計量カップにはないスタイルに行き着いたのです。
ちなみに、これだと計る液体の量に関係なく、誤差はたったの6%以下に抑えられるんだとか。

パッと見ストレートな方が正確に思えてしまうのは、単なる人間の習性なのかもしれません。すぼんだ下部も握りやすく、取っ手もない分、こちらの方がスッキリしていて洗いやすい。

なんでも、側面を半円形にしたのは、さらなる正確さを追求するためのロジックだそう。さらに、小さな単位なら1オンスや1ミリリットルの単位まできっちり計ることも可能というから、お菓子やケーキづくりにおけるグラム単位の分量にも対応できますね。

ところで、凡人には理解の範疇を超えてしまいますが、“正確すぎる”計量カップ開発に際し、Joshuaが編み出した数式がこちら。

この計算式にたどり着き、万人が使いやすいカタチをデザインするのに費やした時間は4年。飽くなき探究心の背景には、「そのままにはできない」そんなエンジニア気質が原動力となったのかもしれませんね。

価格は24ドル。公式サイトからオーダー可能です。

Reference: EQUATINE LABS
Top image: © EQUATINE LABS
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
心温まる動画をご紹介。
大さじと小さじ、本来であればその2種類さえあれば計量スプーンは事足りる、はず。ところが、レシピを開けばやれ「大さじ2分の1」だの「小さじ4分の1」だの、そ...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...